「なごり雪」(2002)

【DVD発売中】

67点67
大林宣彦監督が1970年代に大ヒットした同名フォークソングをモチーフに描く青春映画。大分県臼杵市の美しい街並みを背景に、若き日の苦い思い出と向き合う男たちの心情を切々と綴る。

あらすじ

2001年初秋、東京。妻・とし子に三行半を突きつけられた日、梶村祐作はかつての親友・水田から彼の妻である雪子が意識不明の重体であることを聞かされ、28年振りに故郷の臼杵に向かった。彼の脳裡に、青春時代の出来事が蘇る。祐作を一途に想い続けた雪子。彼女の気持ちを知りながらそれに応えられず、しかも東京の大学で知り合った恋人・とし子を伴って帰省し彼女を傷つけた自分。そんな祐作に代わって雪子を守り、結婚した水田。そして雪子と最後に会った日、雪子が失恋に悲観して剃刀で自殺を図ったと思っていた祐作は、実は彼女が枕の中から白いビーズを取り出し、それを雪に見立てて降らそうとしたのだと気づく。雪など滅多に降らない温暖な町で、雪が降ったら奇蹟が起こると信じていた雪子は、それに叶わぬ願いをかけようとしたのだ。雪子が亡くなった。葬儀に出席した祐作は、薄っぺらな人生を送ってきた自分を反省し、残りの人生を一生懸命生きて行こうと心に誓い、東京へ帰って行くのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2002年
製作国 日本
配給 大映=ピー・エス・シー=TOSエンタープライズ
上映時間 111
公開日 2002年9月28日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する