「少年メリケンサック」(2008)

画像

【DVD発売中】

63点63
人気脚本家、宮藤官九郎の『真夜中の弥次さん喜多さん』に続く監督第2作。レコード会社に勤めるOLが、オヤジ4人組のパンクバンドを引き連れて全国ツアーに出るという異色コメディ。弾けたパンク・オヤジを怪演する佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲ、三宅弘城らに負けず、ヒロインに扮する宮崎あおいがキュートなコメディエンヌぶりを披露。

あらすじ

レコード会社に勤める契約社員のかんな(宮崎あおい)は、動画サイトでパンクバンド「少年メリケンサック」を発見して、社長の時田(ユースケ・サンタマリア)に報告する。元パンクバンド出身の時田は大乗気になって、彼らと契約を結ぶことをかんなに命じた。そうして、かんなが訊ねた高円寺の居酒屋にいたのは、やさぐれた中年のアキオ(佐藤浩市)だった。動画サイトにアップされていた映像は、彼らの25年前のライブだったのだ。バンドを再結成して欲しいというかんなの要請にオッケーしたアキオは、その代わりオリジナルメンバーの全員を集めよと命じる。実は、アキオと、彼の実弟であるハルオの間には、収縮不可能なくらいの溝が深まっていたのだ。それでも、なんとかハルオを説得し、ジミー(田口トモロヲ)やヤング(三宅弘城)といったオリジナルメンバーが集まって、練習を開始する。時田が流した「少年メリケンサック」の映像は10万ヒットという爆発的なヒットを記録して、地方のライブハウスでのツアーも次々にブッキングされていった。ワゴンでツアーを続けるかんなは、メンバーたちの傍若無人な振る舞いにつくづく嫌気がさしていく。ささくれた彼女の心を癒してくれるのは、恋人である売れないミュージシャンのマコト(勝池涼)だけだった。そんなマコトも、かんなのいない間にアルバイト先の女の子と浮気していたことが発覚して、かんなの怒りは爆発する。同じ頃、アキオとハルオもステージ上でケンカして、ツアーのファイナル前にお互いの腕を折るという最悪の結果になった。テレビ出演も果たし、「少年メリケンサック」への注目度が最高潮になった最後の東京ライブ、仲直りしたアキオとハルオが二人でギターを演奏するという異例のステージになった。ベースは、頭をモヒカンにしたマコトが担当した。新生「少年メリケンサック」、復活か?そして、ボーカルのジミーは再び気を失った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 東映
ヘッド館 丸の内TOEI(1)
上映時間 125
公開日 2009年2月14日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する