「模倣犯」(2002)

【DVD発売中】

31点31
宮部みゆきの同名ベストセラーを「(ハル)」の森田芳光が映画化。大胆な脚色を加え、メディアに宣戦布告する謎の連続殺人犯の暴走を、衝撃的な展開と特異な映像構成で描き切る。

あらすじ

東京の下町で豆腐屋を営む有馬義男の孫娘・古川鞠子が行方不明となり、10カ月後、近くの公園で彼女のバッグと切断された女性の右腕が見つかった。誰もが鞠子の腕だと思った。ところが、犯人を名乗る男がメディアに電話出演しそれを否定。後日、犯人の出したヒントから別の場所で鞠子の遺体が発見される。この前代未聞の展開に、人々の好奇心は駆り立てられ、こぞって事件を報道するメディアに踊らされていく。そして、更にそれを増長させるかのように犯人は殺人ライヴを携帯電話に流すのであった。しかしその翌日、ある事故車から犯人と思しきふたりの男・栗橋浩美と高井和明の遺体が発見されたことから、事態は収束に向かうと思われた。そんな中、和明の無実と浩美の共犯者が別にいることを主張する人物がマスコミに登場した。ふたりの中学時代からの友人で、経営コンサルタントの網川浩一ことピースだ。多数の番組に出演し、真犯人の存在を訴える彼はたちまちマスコミの寵児となり、日本中が魅了されていく。だが、彼こそその真犯人であった。それは2年前、衝動的に恋人を殺害してしまった浩美に助けを求められたピースは、彼の犯行を隠蔽する為に森は木を隠すの例えよろしく、若い女性ばかりを狙った連続誘拐殺人を思いつき、氷川高原の別荘をアジトにそれを実行したのだ。しかも、ゲーム感覚でマスコミに挑戦状を叩きつけた上、浩美と和明を殺しておきながら公衆の面前に姿を現すという大胆さ。ところが彼の犯罪は、有馬とピースに夫を殺害されたルポライターの前畑滋子によって明らかにされ、追い詰められたピースはテレビの生本番中に自らの命を絶つのだった。それから数日後、有馬の元にピースからの手紙が届く。そこには、自分の子供を愛無く育った自分に代わって育てて欲しいとしたためられていた。慌てて指定された場所へ駆けつけた有馬は、ピースの願い通りその子を育てることを決意する。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2002年
製作国 日本
配給 東宝=日本出版販売=博報堂=「模倣犯」製作委員会=TOKYO FM=スポーツニッポン新聞社=小学館=日本テレビ放送網=毎日新聞
上映時間 123
公開日 2002年6月8日(土)公開
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する