「ドッグ・スター」(2002)

【DVD発売中】

60点60
『千年旅人』の豊川悦司と「フィラメント」の井川遥共演で綴る心温まるファンタジー。人間に生まれ変わった犬が、飼い主の許を訪れ、その“告白“に右往左往する姿をやさしく見つめる。

あらすじ

トラックにはねられて死んだものの、神様に善行を施さないと天国へは行けないと言われてこの世に戻って来た元ボクサーの主人・ゴングによって、死んだばかりの人間の体を借りて一番幸せだった子犬の頃に一緒に暮らしたパピーウォーカーと呼ばれるボランティア家族の娘・ハルカに会いに鹿島へ向かった盲導犬のシロー。願い叶って、彼は幼稚園の先生になっていたハルカと再会する。初めこそ風変わりなシローを訝っていたものの、幼稚園にやって来る移動動物園を営む東海を手伝うようになった彼に次第に心開いていくハルカ。そして夏休み、彼女はシローと共に動物園の手伝いを始める。ところが、そんな彼女に嫉妬した恋人の藤川が動物園に放火、その事件がきっかけでハルカは幼稚園をクビ、更に東海の突然の死がふたりを見舞う。ある日、シローの体の持ち主を訪ねて刑事がやって来た。実は、その人物は警察内部の汚職を内部告発した人物なのであった。刑事から逃げ、行き着いた海辺。そこで、ハルカに愛を告白され自分が犬であることを告げたシローは、ハルカにかつて彼女が別れ際に聞かせてくれたシリウスの話をする。それはふたりしか知らない話。半信半疑のハルカは、しかしそれでもシローが好きだと呟いた。だが翌日、シローは追って来た汚職刑事に撃たれてしまう。犬に戻り、訓練所に帰ったシロー。既に12歳を過ぎた彼は、ここで余生を過ごすのだ。数日後、訓練所に犬の訓練方法を勉強したいと言う女性が訪ねて来た。それはハルカだった。奇跡の再会を果たすふたりしかし、シローはハルカの腕の中で命尽きる。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2002年
製作国 日本
配給 東京テアトル=オメガ・ミコット=レジェンド・ピクチャーズ=丸紅
上映時間 125
公開日 2002年4月27日(土)公開
カテゴリ ファンタジー
チケット 前売りチケットを購入する