「ヤーチャイカ」(2008)

画像

70点70
詩人の覚和歌子が自作「ヤーチャイカ」を、同じく詩人である谷川俊太郎と共同で監督し映画化。恋人を亡くした女性と、都会からはじき出され放浪する男の物語を、写真家・首藤幹夫が撮影した静止写真と、覚監督自身の語りによって描く。香川照之と尾野真千子が静止画の中で表情豊かに登場人物を演じ、観る者の想像力をかきたてる演技を見せる。

あらすじ

恋人の死をきっかけに、東京から移り住んだ村の小さな天文台に勤務している新菜(尾野真千子)。彼女は新しい彗星を発見し、それに村名を冠するという自治体からの指令を受けており、その一方で昼間は地域の子供達や観光客相手に天文台を開放するといった日常を過ごしている。ある日、新菜は都会の生活に挫折して旅を続けている男、正午(香川照之)と出会う。星空にしんしんと向き合う二人。新菜に正午は次第に惹かれ、また新菜も正午とすごす時間の中で少しずつ心を寄せるようになる。新菜との関わりによって、自分のまなざしが生きることへ向かう力を再び得たと気づく正午。新菜も正午との関わりによって、恋人喪失の悲しみから解放されてゆくのだった……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 アンジェリカ
ヘッド館 シネマ・アンジェリカ
上映時間 70
公開日 2008年5月31日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する