「不良番長 一網打尽」(1972)

【DVD発売中】

50点50
“不良番長“シリーズ第15作。一匹狼・神坂弘は、生まれ育った新宿を我がもの顔で支配する新興暴力団・共友会に我慢できず、仲間たちとカポネ団を結成した。そんな弘を消そうと共友会が差し向けたのは、彼のムショ仲間・力石。彼は逆に弘をかばったために殺され、弘はカポネ団を引き連れて復讐に向かう……。

あらすじ

一匹狼の神坂弘にとって生まれ育った新宿を我もの顔縄張りを張る暴力団、大東共友会の存在を認めることはできなかった。そこで神坂は、アパッチ、シック、ジャブ等グレン隊とカポネ団を結成、自らリーダーとなって共友会と対抗することにした。グループの初仕事として故買品を隠してある倉庫へ警察官に扮して襲い、なんなく盗品を押収してしまった。数日後、神坂たちが豪遊していたキャバレーが突然火事となり、大騒動。そしてそのキャバレーのマネージャー、五郎と知り合う。この五郎という男、ガメツさにかけては神坂をも舌をまくほどで、焼け残ったツケ伝票を利用して次々と金を賭いでいった。そんな時、神坂と刑務所仲間だった力石がカポネ団の前に現われた。共友会の幹部である力石は、出所後には共友会々長の大滝にけむたがられていた。神坂は力石の態度から殺しの命を受けていることを察知したが、力石は自分を裏切った共友会に抵抗するかのように神坂を屁い、自ら組員の銃弾を浴びて倒れた、そして、神坂に共友会の麻薬の取り引き場所を口走って息を引き取った。散々痛めつけられた共友会への仕返しにカポネ団は沸き立った。翌日、神坂以下、八人のカポネ団は、オートバイに乗り、揃いのライダールックに身を固めてライフル、マシンガン、ダイナマイトを携えて立ち向って行った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1972年
製作国 日本
配給 東映東京
チケット 前売りチケットを購入する