「サンシャインデイズ 劇場版」(2008)

画像

【DVD発売中】

52点52
70年代の湘南に集う若者たちを描いたTVドラマが劇場版になって登場。広大な敷地を持つ富豪のお嬢様と、兄弟でコンビを組むミュージシャン、サーファーなど多様な人物たちの物語が、当時のポップミュージックに乗せて綴られていく。『花より男子』の西原亜希や『タッチ』の斉藤慶太、映画初出演となる初芝崇史など若手キャストの演技にも注目だ。

あらすじ

1978年夏。サッチン(斉藤慶太)とリュウ(初芝崇史)の兄弟が音楽デュオ「BB」を結成して3年、レコードデビューは果たしたが、鳴かず飛ばずで活動を停止する。サッチンは茅ヶ崎に戻り、パシフィックホテルでアルバイトをしていた。そんなある日、パシフィックホテルを経営する神宮寺家グループのオーナーの娘・神宮寺ひかり(西原亜希)がサッチンに声をかける。公家の血を引くお嬢様でもある彼女は、両親の離婚と父の仕事の都合で、敷地1000坪の屋敷に住んでいた。叔母の神宮寺文子(黒田福美)はひかりを気に掛け、ひかりがファンでもあるBBの2人を用心棒として屋敷に住まわせる。ひかりの元にサッチンとリュウがやってくると、次第に仲間が集まり始める。サッチンの幼なじみのモトヤ(豪起)、ひかりの同僚・エイミ(三津谷葉子)、ベーシストのカッキー(松田悟志)、ひかりに気があるジョージ(浅利陽介)。ひかりは彼らと、敷地内のガレージを改造してカフェBBを始める。BBのライブも聴けるそのカフェには、ミュージシャンやサーファーたちが集まってくる。しかしパシフィックホテルに経営危機が訪れ、ホテルも、カフェのある敷地や屋敷も手放すことになる。ひかりにとってこの場所は、両親と過ごした大切な場所でもあった。ひかりの父・神宮寺泰三(大杉蓮)は現実に押し潰されそうになるが、フランスから一時帰国した母・フローレンス西山(キャシー中島)やひかりの仲間たちは、ヤクザも巻き込み大騒動を起こす。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 ゼアリズエンタープライズ
ヘッド館 K’s cinema
上映時間 106
公開日 2008年5月31日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する