「ジャージの二人」(2008)

画像

【DVD発売中】

67点67
芥川賞作家・長嶋有の小説を『アヒルと鴨のコインロッカー』の中村義洋監督が映画化。3度目の結婚に黄色信号が点った父と、職を失っただけでなく妻との関係も危うい息子が山奥の山荘でユルリと過ごすひと夏を描く。ミュージシャンの鮎川誠と、人気若手俳優、堺雅人がダメ親子役で競演。いい年した大人たちのダラリとした姿に心がほぐれる一作。

あらすじ

会社を辞めたばかりの32歳の息子(堺雅人)は、54歳のグラビアカメラマンの父(鮎川誠)に誘われ、北軽井沢の別荘に向かう。父の飼うシベリアンハスキーのミロも一緒。別荘というと聞こえはいいが、実態は虫が出る上に、携帯の電波も入らない山奥の山荘だった。二人はそこで、古着のジャージを着て何もしない時間を満喫する。父はひたすらTVゲームで麻雀をし、息子は小説を書こうと持参した原稿用紙に一文字も書けずにいる。息子に浮気をしている妻(水野美紀)から電話が入ったり、隣の遠山(大楠道代)や父の友人岡田(ダンカン)が入れ替わり立ち代わり訪ねては去ってゆく。そんな緩い毎日が過ぎていく。一年後、二人と一匹は再び別荘へ向かう。今回は浮気をやめた息子の妻も一緒である。三人は揃ってジャージを着るが、息子と妻の間はまだギクシャクしていた。そして、妻は仕事があるといって二日後に帰ってしまう。来年も来るつもりなのか、ジャージは置いたままで。入れ違いにやってきたのは父の娘、花ちゃん(田中あさみ)。息子にとっては母が異なる妹だった。花ちゃんは夏休みにビデオを40本見ると言い、レンタルショップでビデオを借りたものの、ビデオデッキがない。ビデオデッキを持っている遠山に借りてくるが、ピアノの先生の訃報が入り、花ちゃんは東京に帰ることになる。翌朝、遠山に三人とミロの揃った写真を撮ってもらった後、父と花ちゃんは帰京する。一人になった息子は小説を書くために机に向かう。その翌朝、台風一過で爽やかに晴れ渡った空の下、携帯を取り出すと、妻からのメールを受信。息子はその返信を打つと、携帯を天に向かって高く掲げるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 ザナドゥー
ヘッド館 恵比寿ガーデンシネマ、新宿ガーデンシネマ
上映時間 93
公開日 2008年7月19日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する