「ろくでなし稼業」(1961)

0点--
過剰な気取りが独特のパーソナリティーとなり、無国籍アクションを量産する日活のカラーにマッチして、敵役ながら1作ごとに人気が上昇してきた宍戸錠の第1回主演作。宍戸錠の主演の話はかねてからあったが、石原裕次郎の事故、赤木圭一郎の急死という不測の事態によりダイヤモンドライン強化のため急きょ実現した。このため日活では宍戸錠に“エースのジョー“というニック・ネームをつけ積極的に売り出すことになり“渡り鳥“シリーズで小林旭を売り出した斎藤武市を監督にあたらせた。宍戸錠と二谷英明が息の合ったコンビを見せ、メリハリのきいた斎藤演出と相まってコメディ・アクションの佳作に仕上がった。

あらすじ

港町に着いた貨車から、矢野と黒田が出てきた。二人は駅前食堂で食い逃げをやってから仲良くなった。矢野は黒田を連れて、町の有力者で弁護士の大田黒邸を訪れた。ところが、そこから二人はブタ箱に連行されてしまった。警察を出た二人は、港で荒くれ男を叩きのめした。これに目をつけた大栄海運の社長勝又は、二人を雇った。仕事は、ボロ船をダイナマイトで沈め、保険金を詐取することだった。報酬を分ける時、黒田は拳銃を抜き、金を一人占めにした。矢野は勝又の事務所に厄介になった。そんな彼に、勝又の情婦で、キャバレーのマダム・ユリが一目惚れした。ある夜、矢野は何者かに殴られ失神した。彼を介抱したのは美しい娘の澄子だった。彼女が落していった写真をみて、矢野は驚いた。澄子の父千吉が、勝又に先代社長の一人息子が帰ってきたと知らせた。勝又は先代の急死の際に、会社を乗取ったのだ。何も知らぬ矢野は事務所で子分たちに囲まれた。そこへ黒田が現われ、一枚の写真を勝又につきつけた。黒田は先代の息子だった。彼は勝又に代わって社長の座についた。勝又は千吉の太陽丸に目をつけた。何も知らぬ千吉は船とともに行方不明になった。黒田の嘘がわかり、今度は矢野が息子だと名乗り出た。勝又は黒幕の大田黒に相談した。死んだはずの千吉が生きていた。その時、本モノの先代の一人息子木下が現われた。矢野と木下は旧知で、例の写真を矢野があずかっていて落としてしまったのだ。先代を殺したのは大田黒一味だった。千吉が証人だ。三人と一味の凄烈な激闘が展開。そこへパトカーが駈けつけた。矢野と黒田は何処へともなく姿を消した。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 83
チケット 前売りチケットを購入する