「竜二Forever」(2002)

【DVD発売中】

66点66
1983年の傑作「竜二」で主演を果すも完成直後に33歳で亡くなった俳優、金子正次。彼がまさに生涯を懸けた「竜二」が完成に至るまでを架空の物語に仕立て、その生き様を熱く描く。

あらすじ

78年。映画スタアを夢見て愛媛から上京し、アングラ劇団エイトマンの看板役者となった金子正次は、しかし映画への熱き想いを捨てきれないでいた。だが、彼に映画出演のチャンスはなかなか巡って来ない。そんな矢先、新宿の路上で倒れ病院に担ぎ込まれた金子は、病床で自分が主演する映画の脚本を自身で執筆することを決意。妻・幸子に支えられながら、「竜二」という脚本を完成させるのだった。ところが、無名の役者が主演の映画に製作費を出してくれる会社など無く、結局、「竜二」は自主映画としてスタートすることになるが、初監督に戸惑う旧友の田中は途中で降板。プロデューサーを務めていた石原がサポートに入るも、撮り終えたものは金子の思い描いていたものとあまりに違っていた。そこで、金子は石原に再撮を依頼。その甲斐あって、完成した作品の評判は良く、映画もヒットを記録した。だが映画が公開中の83年11月、金子は33歳の若さで他界してしまうのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2002年
製作国 日本
配給 アミューズ=東北新社=日活=「竜二Forever」製作委員会=アミューズピクチャーズ=テレビ朝日
上映時間 116
公開日 2002年3月2日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する