「日本一の裏切り男」(1968)

【DVD発売中】

64点64
早坂暁・佐々木守の名シナリオライターがコンビを組み、シリーズ6作目にして監督も須川栄三に代わった。特攻隊員として玉砕したはずの日の本太郎は日本を裏切って生き残り、戦後の荒廃から高度成長の時代へと、しぶとく裏切りを続けながらのし上がる。

あらすじ

昭和二十年八月。特攻隊員日の本太郎は、玉音放送を天皇の激励の言葉と、勘違いした隊長大和の命令で、敵機動部隊目がけて出撃した。恋人日見子らに見送られて死地に赴いた太郎は、しかし厚木飛行場に降り立ったマッカーサーの後から、その姿を現わしたのである。彼は日本を裏切っていたのだった。大和が終戦後、ヤミ屋の隊長になっているのを知った太郎は、早速GIを煽動してその物資を横取りした。昭和二十五年六月、朝鮮戦争が勃発。太郎は金へンブームに乗ろうと、東京中のパチンコ玉を掻き集めようと画策し、パチンコ店の二大勢力江戸組と武蔵野組を対決させて、その間にパチンコ玉をごっそりひとり占めにした。しかし、その時は戦争が終結し、太郎の苦心も水の泡だった。昭和三十二年。太郎はニセ傷夷軍人になって稼ぎまくるうちに日見子に再会した。そして彼女の経営するバーの支配人になった。ところがバーの立ち退き要求で争った相手が建設会社の社長大和だった。太郎はバー女子連合会を結成し、果敢に大和建設に抵抗した。昭和三十五年。新安保条約反対で、世論が沸く時、太郎もまたデモ隊と共に国会を取り巻いていた。だが機動隊の前に、あえなく留置場入りとなり、出所してみればバーはあとかたもなく、大和の勝ちほこった姿があるばかりだった。反撃を企てた太郎は、オリンピック道路予定地三十六ヵ所をタダで手に入れ、三億六千万で大和に売りつけることに成功した。そして昭和元禄と呼ばれるころ、タワシから飛行機まで売るというオールセールス社を設立した太郎は落ちぶれた大和を国会議員に当選させ、その軍師となったのだ。一九七〇年、日本は大和の裏切りによって再軍備を決定した。そのころはすべてを売りつくした太郎がついに、日本列島を核つきで売りに出していた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1968年
製作国 日本
配給 東宝=渡辺プロ
チケット 前売りチケットを購入する