「怪談累が淵〈1957年〉」(1957)

【DVD発売中】

0点--
中川信夫の本格的怪談映画(毎年お盆の時期に封切られた)の第1作。死んだ父親同士が遺恨の間柄とは知らない、羽生屋の番頭・新吉と三味線の師匠・豊志賀は、情を交わす。やがて、豊志賀の顔が傷ついて新吉の心は羽生屋の娘・お久に移り、豊志賀は嫉妬にかられていく……。本作以後、中川信夫は「亡霊怪猫屋敷」「憲兵と幽霊」「女吸血鬼」「東海道四谷怪談」「地獄」と、経営不振の新東宝の末期を飾る傑作、佳作、話題作を連発することになる。

あらすじ

下総羽生村の鍼医皆川宗悦は、旗本深見新左衛門の所に貸金を取りに出かけ、惨殺されてしまった。新左衛門は宗悦を累ガ淵に沈めたが、宗悦の怨霊にとりつかれて発狂し、妻の房江をあやまって斬り、自分も累ガ淵にはまって死んだ。それから二十年−−江戸一といわれる「羽生屋」の一人娘お久は、番頭の新吉に想いを寄せていた。しかし新吉は、お久の三味線の師匠豊志賀にロ説かれているのだった。この新吉こそ、新左衛門の一人息子であり、豊志賀は宗悦の娘であることを、彼等は知る由もなかった。−−豊志賀に横恋慕していた木村陣十郎は、恋の喜びにむせぶ豊志賀と新吉を恨んで、羽生屋に密告し、そのため新吉は羽生屋を追われて豊志賀と同棲することになった。ある日豊志賀は撥で顔に傷を作り、薬の効もなく、似ても似つかぬ顔になってしまった。その上豊志賀ほお久に逢う新吉の後を嫉妬にかられて追い、お久に斬りかかったが、誤って階段から転がり落ちた。豊志賀の顔は凄惨なものになったが、それでも新吉の名を呼んでいた。豊志賀は、かつての女中お鉄から新吉は父を殺した新左衛門の子であることを聞かされ狂乱のあまり悶絶した。豊志賀の亡霊は駈落ちした新吉とお久を悩ませるが、累ガ淵にたどり着いた二人は疲れ果て、新吉はお久を背にするといつの間にか豊志賀に変っている。驚きのあまりに新吉はお久を殺してしまうと、後にはお久が持出した金をねらってつけてきた陣十郎がいた。新吉は陣十郎の刃にかかる。しかし陣十郎も豊志賀と宗悦の亡霊に行く手をさえぎられ累ガ淵に消えた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1957年
製作国 日本
配給 新東宝
上映時間 65
チケット 前売りチケットを購入する