「スーパーカブ」(2007)

画像

【DVD発売中】

63点63
出前用バイクとして知られているスーパーカブが疾走するこれまでにないバイクアクション映画が登場。伝説の走り屋として知られる青年が蕎麦屋の出前用バイクで爆走するアクションを『GUN CRAZY』シリーズなど、勢いのある活劇描写を得意とする室賀厚監督が熱く演出している。斉藤慶太、倉科カナ、長澤奈央ら若手出演陣にも期待したい。

あらすじ

最速バイクを愛してやまない走り屋“HAMMER”こと浜田武史(斉藤慶太)は、通い慣れたモトショップで新しいキャブレーターを店のマスターから受け取る。その日は峠のパーキングでレースが行われる日であった。チャンピオン武史に挑戦するのは、武史の良き走り仲間、真治(落合扶樹)。お互いに良きライバルとして走りあってきた二人であったが、その日の真治はいつもと様子が違っていた。真治は、バイクを賭けてレースをしようと武史に提案。真治のNSRに目を付けた武史もその賭けに乗りレースが始まった。武史の幼馴染みである鏑木美緒(倉科カナ)は、友達とバドミントンをするつもりで連れてこられた峠でそのレースを見ることになる。レースは抜きつ抜かれつの展開となったが、突然パトロールの白バイが現れ、二人を追いかける。一気に引き離そうとニトロボンベのスイッチに手をかけた武史であったが、ニトロがうまく作動せず、バランスを崩して転倒する。女性白バイ警官、麗華(長澤奈央)に連れられ取調べを受けた武史は、学校を辞めて、親のカードを使ってバイクに投資していたことがばれてしまう。なんとか釈放された武史は、父親の友人で美緒の父親でもある蕎麦屋“かぶらぎ屋”で住み込みとして働くことになった。働き尽くめの武史は、ある日、ガレージで古ぼけて故障した出前用スーパーカブを見つける。さっそく修理に励む武史。やがて免停のとけた武史は、出前の時だけカブに乗ることを許された。武史自らチューンナップしたカブのスピードはたちまち評判となり、近所のピザ屋も太刀打ちできないほどであった。ある日、病院に出前に行った武史は、松葉杖の少女と一緒に院内を歩く真治を見かける。一方、麗華が勤務する17分署では、近頃連続して起こっているバイク窃盗事件に頭を悩ませていた。そんな中、バイクの窃盗現場を目撃した鏑木屋の店長が、事件に巻き込まれてケガを負ってしまう。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 ジョリー・ロジャー
ヘッド館 池袋シネマ・ロサ
上映時間 80
公開日 2008年1月26日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する