「東京少年」(2008)

画像

【DVD発売中】

65点65
“絶対に報われない恋“を描く異色のラブ・ストーリー。ひとりの少女の中に宿る性別の異なるふたつの人格と、そんな“ふたり“に翻弄されるひとりの男。奇妙な三角関係を軸にしながら、斬新な純愛物語が紡がれる。TVドラマでも男を演じた堀北真希が女と男の人格を持つ難役に挑む。共演は『リアル鬼ごっこ』など、出演作を多数控える石田卓也。

あらすじ

幼い頃に両親を亡くしたみなと(堀北真希)は、祖母である菊江(草村礼子)のもとで穏やかに暮らしていた。彼女には文通をしている男の子“ナイト”がいる。ナイトは同い年の男の子である、ということしかわかってはいない。それでも、ナイトは自分の本音を唯一さらけ出すことのできる相手であり、みなとにとって大きな存在となっていた。みなとは毎日のように手紙を書き、丘の上のポストへ出しに行く。ある日、アルバイト先のコンビニで知り合った浪人生のシュウ(石田卓也)に恋心を抱いたみなとは、ナイトに宛てた手紙の中で「好きな人ができた」とほのかな想いを打ち明ける。みなととシュウは交際を深めていき、初めてのデートを迎える。医者である父親の後を継ぐため医学部を目指しながらも、写真家になりたいという夢を捨てられないシュウは、二人の距離を縮めるようにみなとへカメラを向ける。そんなシュウを応援したいと思うみなとだったが、その直後、意識を失ってしまう。みなとは以前からもときどき記憶がなくなることがあった。目を覚ますと、シュウはなぜだか別人のようによそよそしくなっていた。シュウからみなとは一方的に別れを告げられる。失意のみなとはナイトに苦しい胸の内を綴る。みなとは今こそ、ナイトと会って話してみたいと願う。手紙の住所を頼りに辿り着いた夜の廃校で、鏡の中からふと自分を見つめる視線に気付くみなと。その瞬間、もう一人の少年も同じく鏡の前に立っていた。それはみなとであり、ナイト(堀北真希・ニ役)であった。ナイトはもうひとりの人格として、みなとの中に存在していたのである。シュウとの仲を壊したのも、みなとへ好意を寄せていたナイトの嫉妬からくるものだった。一方、シュウは父親の洋二(平田満)に別人格を消す方法がないか問い詰めるが、洋二は「どんな人格だって必要だから存在している」と、シュウの訴えを跳ね除ける……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 エム・エフボックス
ヘッド館 新宿トーア
上映時間 95
公開日 2008年2月2日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト

もっと見る