「L change the WorLd」(2008)

画像

【DVD発売中】

56点56
大ヒットを記録した『デスノート』シリーズのキャラクター、Lを主人公にしたオリジナル作品。キラ事件解決のために“23日の余命“を選択した孤高の天才、L。彼は死の瞬間が訪れるまでに未曾有のバイオテロ事件を解決することが出来るのか?主演の松山ケンイチが、自身のキャラクターを守りながらも、まだ誰も知らない“新しいL“を熱演する。

あらすじ

最も信頼できるパートナーであるワタリ(藤村俊二)を失い、残り23日の生命となった“L”(松山ケンイチ)のもとに、幼い少年“BOY”がやってきた。彼は、驚異的な進化を遂げるウイルスによって壊滅したタイの村の出身で、ただひとり感染しない特殊な体質を持ち、天才的頭脳の持ち主だった。インフルエンザとエボラの特性を掛け合わせた最強のウイルスは、科学者である二階堂教授(鶴見辰吾)が開発したものだった。しかし、それが環境保護団体ブルーシップを名乗る的場大介(高嶋政伸)や久條希美子(工藤夕貴)によって細菌兵器として使用されることを知った二階堂は、娘の真希(福田麻由子)に希望を託して自らの命を絶つ。目の前で父親の死を見た真希は、希美子への復讐心を抱きながら逃亡する。一方、ウイルスによって人類を滅亡させ地球を浄化しようとするブルーシップの真意を察知したLは、FBI捜査官の駿河(南原清隆)の協力を得て、真希とBOYを松戸博士(平泉成)に引き合わせた。二階堂教授と盟友だった松戸博士こそ、抗体ウイルスを開発できる唯一の存在なのだ。そんな動きを察知した希美子は、ウイルスをアメリカ全土に巻き散らすべく航空機をジャックする。機内にはウイルスが蔓延し、的場や希美子もその犠牲となりつつあった。そこに現れたのは、松戸博士が開発した抗体ウイルスを手にしたLだった。「これからの未来は、まだやり直すことができる」と説くLは、希美子の謀略を未然に防ぐ。真希と、多くの命を救ったLは、保護施設にBOYを預ける。そして、彼を「ニア」と名付けた。救うべき人のそばにいられるように、そして世界はひとりでは救えないという願いを込めて。Lにとって、最後の23日間の冒険が終わった。悔いなき使命を終えたLは、安らかな眠りへとつく。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2008年
製作国 日本
配給 ワーナー
ヘッド館 丸の内プラゼール他
上映時間 128
公開日 2008年2月9日(土)公開
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する