「密会〈1959年〉」(1959)

80点80

あらすじ

紀久子は大学教授宮原雄一郎の妻だ。十四も年上の堅苦しい学者生活を送る夫との味気ない結婚生活。いつか彼女は、毎月自宅で行われる法科学生の集り・二十日会のメンバーの一人、川島郁夫と不倫の恋におちた。−−その夜も紀久子は、自宅の近くの林の中で郁夫の激しい抱擁に身をまかせていた。そのとき、突然、二人の目前でタクシー強盗事件が起った。雲間をもれた月光に浮んだ被害者の無気味な姿。二人は現場から逃げた。目撃者として警察に出頭すれば二人の不倫の恋も明るみに出る。思考はめまぐるしく回転した。誰かに顔を見られなかったか、紀久子は不安な一夜を過した。翌朝、平静をよそおいつつ夫を送り出した。女中のさよが、昨夜の強盗事件を語った。紀久子は深い悔恨に涙した。一方、郁夫もラジオで強盗事件を知り、さらにテレビで被害者の家族の悲しみと悲惨な生活を知り、唯一の目撃者として捜査に協力すべきだという正義感に駆られた。しかし、紀久子の苦境を思うと、ただ焦躁に悩むだけ。外出から帰った妹の英子が「いま乗ってきたタクシーの運転手、顔にも頭にも傷あとがあるの、去年、自動車強盗にあったんだって……」という言葉に、郁夫はたまらず表へ飛び出した。その足で郁夫は紀久子を訪ね、警察に届けようと話した。紀久子は、それを止まるよう懇願した。翌日、紀久子が郁夫の下宿を訪ねた。夫に知れたら、私は終りよ−−紀久子の言葉に郁夫は、自分との関係がたわむれに過ぎなかったことを知った。郁夫は黙って外へ出た。小田急線のある駅のホームに立った郁夫を、追ってきた紀久子が認めた。特急の通過を知らせる駅のアナウンス。今は憎悪に燃えた紀久子は、轟然と近づいた電車に、郁夫の背を押した。「飛込自殺だ」と叫ぶ群衆を後に紀久子は駅を出て足早やに住宅街の坂を歩いた。ようやく安堵の色がわいた紀久子−−その後へ自転車で近づいた工員風の男二人、その一人が紀久子の腕をつかんで言った。「見ていたぞ!お前の真上で電気工事をしていたんだ」−−。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1959年
製作国 日本
上映時間 72
チケット 前売りチケットを購入する

監督

キャスト