「ミスター・ロンリー」(2007)

画像

【DVD発売中】

66点66
『ガンモ』など独自の視点で生み出された作品郡が現在も人気を博すハーモニー・コリン監督最新作。自らを「マイケル・ジャクソン」として生きる男と、「マリリン・モンロー」として生きる女。生きることに不器用なふたりの恋物語が綴られる。これまでのハーモニー・コリン作品同様、衝撃的な設定の奥に、普遍的なメッセージが込められている。

あらすじ

マイケル・ジャクソンとしてしか生きられない男、マイケル(ディエゴ・ルナ)。幼い頃から自分に違和感を覚え、別人になりたいと願った彼は、24時間365日、ずっとマイケルを演じることにしたのだ。仕事もマイケルのモノマネだから困ることは無い。英語しか話せないのに何故か住み着いたパリ。今日もストリートでマイケルのステップを披露するが、道行く人の反応は冷たかった。やがてマイケルは仕事で訪れた老人ホームで、マリリン・モンローのモノマネをするマリリン(サマンサ・モートン)と出会う。彼女はスコットランドの古城で仲間のモノマネ芸人たちと共同生活し、みんなで世界最大のショーを開こうとしていた。マリリンにたちまち恋をしてしまったマイケルは、彼女に誘われるままにスコットランドに向かう。そこで彼を出迎えたのはチャップリンやマドンナ、エリザベス女王やリンカーンなどになりきった人々だった。彼らはのどかな自然に囲まれた農場で鶏や羊を飼いながら自分たちの手で劇場を作っていた。そこで暮らし始めたマイケルは、とにかくマリリンのそばにいられるだけで幸せだった。やがて劇場が完成し、ついに地上最大のショーが始まった。精一杯芸に打ち込む一同。しかし観客の数は芸人の数より少なかった。失望と疲労に落ち込む一同をリンカーンが慰めた。しかし、陽気さを取り戻した彼らを更なる悲劇が襲った。マリリンが自殺してしまったのだ。悲しみを抱えたままパリに戻るマイケル。アパートでひとりぼんやりしているマイケルの耳元に、マリリンの声が聞こえてきた。「私には人生が苦しかったの。あなたは心を強く持って、諦めずに探し続けて」そのマリリンの言葉に励まされたマイケルは初めて「自分自身」として生きる決心をするのだった……。 【キネマ旬報データベースより】
原題 MISTER LONELY
製作年 2007年
製作国 英=仏
配給 ギャガ
ヘッド館 シネマライズ
上映時間 111
公開日 2008年2月2日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する