「ズンドコズンドコ全員集合!!」(1970)

40点40
ちっぽけな漁村を根城に暴れ回る、碇鮫吉をリーダーとする5人組の不良グループは村の鼻つまみ者だが、ある日鮫吉は一旗あげようと子分の岩四を連れて東京へ……。数ヵ月後、夢破れ落ちぶれはてた二人のもとに故郷の子分たちが上京して来る。

あらすじ

ちっぽけな漁村を根城に暴れ廻る、碇鮫吉をリーダーとする不良グループは村の鼻つまみ者である。グループの一人加藤岩四は恋人である村の漁業組合長浅利磯右衛門の娘鮎子と駆け落ちするため鮫吉の手から逃れる手段として、ちょうど村で興行していた“市川あかね一座”の座長あかねに弟子入りするが鮫吉の巧妙な戦法にかかり元の木あみになってしまう。そんな鮫吉が何を思ったか子分の岩四だけをともない一旗あげようと冷凍車に乗りこみ東京へいってしまう。それから数カ月、鮫吉らの夢は無残にも破れ二人は今や焼きトウモロコシをつんだオンボロリヤカーを引っぱり夜の盛り場をほっつき歩く身となり、薄汚れたベッドハウスさえも家賃未納で追い立てを喰うというていたらくぶりであるが、それでも故郷に残した子分たちには一端の親分にのし上ったという葉書きを出していた。明けて、鮫吉にとって大事件が起った。故郷に残した子分たちが黄金の東京生活を夢み、突然上京してしまったのだ。上京した風太たちは葉書きとは裏ハラの現実をみて鮫吉のインチキぶりに怒り狂い、岩四ともどもたたきだしてしまう。数日後、風太達の目の前に岩四が黒木という子分をつれて表われ、形勢一変、岩四はグループのボスになってしまうのだが、そんなある日、岩四にシマとマダムの早苗を寝とられたと思いこむ鬼熊が刑務所から出てきた。殺気にはやる鬼熊のために数日後決闘させられる破目に落ちいる岩四は、今は子分である鮫吉に芝居ごっことだまし、対峙させる。その時、早苗が現われ事の真相を打ち明けたために決闘は中止。命びろいをした鮫吉たちはすごすごと、故郷の漁村へ帰っていった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1970年
製作国 日本
配給 松竹
チケット 前売りチケットを購入する