「マリと子犬の物語」(2007)

画像

【DVD発売中】

73点73
2004年に多くの被災者を出した新潟中越地震。そんな状況の中で倒壊した家に残されながらも、地震発生当日に生まれたばかりの子犬たちを守り、16日間生き続けた母犬マリを描いた絵本『山古志村のマリと三匹の子犬』が映画化。過酷な状況の中で生き延びようとする犬たちと、マリの身を案じる家族の姿に思わずに涙が出る。

あらすじ

役場に務める石川優一(船越英一郎)は、父の勇造(宇津井健)と息子の亮太(広田亮平)、そして娘の彩(佐々木麻緒)の4人で、新潟県山古志村に住んでいた。妻の幸子はすでに他界していたが、長岡で美容院に勤務する妹の冴子(松本明子)がときおり訪れては、母親代わりに食事の面倒などを見てくれていた。ある日、亮太と彩は1匹の捨てられた子犬を見つける。マリと名付けられたその雌犬は、石川家の新たな家族となった。翌年となる2004年、すっかり成長したマリは3匹の子犬を産み、亮太と彩は毎日を元気に過ごしていた。そして、迎えた10月23日の午後5時56分。新潟県中越地方を震源に、マグニチュード6.8の大地震が発生する。一瞬にして山々は崩れ、地面は裂け、家屋が崩れ落ちる。優一は仕事で山古志を離れており、亮太は小学校の課外授業中で無事だった。しかし、家にいた勇造と彩は倒壊した家屋の下敷きとなっていた。 そんな二人を救ったのは、マリと子犬たちだった。救助にやってきた自衛隊の安田隊員(高嶋政伸)を、倒壊した石川家まで誘導したのだ。石川一家は救助ヘリで運搬されることになったが、マリたちの同乗は許されなかった。「マリー!」彩の悲痛な叫び声を残して、ヘリは村をあとにする。そのヘリの姿を、マリはいつまでも見送り続けた。翌日から、マリたちのサバイバルが始まった。食物を探し求め、カラスたちと闘い、穴を掘って湧き水をすするマリと3匹の子犬たち。一方、長岡の避難所の亮太と彩は、山古志村に嵐が近づいていることを知り、無謀にもマリたちを救助に向かう。道路が分断されているため、裏山を歩いて山古志を目指す二人だが、雨に打たれて彩は発熱する。息子たちの不在に気がついた優一は、そのあとを追ってなんとか二人を発見することができた。やがて余震も納まって、亮太と彩らもヘリで村を訪れる。そこには、逞しく生き抜いたマリと子犬たちの姿があった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 東宝
ヘッド館 日劇PLEX他
上映時間 124
公開日 2007年12月8日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する