「シルク〈2007年〉」(2007)

画像

【DVD発売中】

55点55
19世紀。フランス人青年が海を越えた極東の国で出会ったのは絹のように美しい少女だった。『海の上のピアニスト』の原作者アレッサンドロ・バリッコの小説を、『レッド・バイオリン』のフランソワ・ジラール監督が映画化。マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司ら国際色豊かなキャストと壮大なスケールで洋の東西を越えた愛を描く。

あらすじ

19世紀のフランス。エルヴェ(マイケル・ピット)は、エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)と出会って結ばれた。二人が暮らす村には製紙工場が作られて栄えはじめるが、原料となる蚕の間に疫病が発生して危機を迎えた。完璧な絹をつくるための蚕卵を求めて、エルヴェは東の果ての国を目指して旅立つことになる。長く危険な旅路の末、幕末の日本へたどり着いたエルヴェを迎えたのは原十兵衛(役所広司)だった。彼のかたわらには、美しい少女(芦名星)がいた。エキゾチックな彼女の美貌に、エルヴェは心を奪われる。その想いは、蚕卵を手に入れてフランスに戻ったあとも深く心に残った。夫の変化に、エレーヌも気がつくがなすすべはなかった。ふたたび蚕卵が必要となり、エルヴェは二度目の日本の土を踏む。そこで再会した少女とエルヴェは、一夜の契りを交わす。別れ際、少女は付け文を手渡した。帰国後、日本語の手紙を判読してもらうため、日本人女性のいる高級娼館をエルヴェは訪れ、そこでマダム・ブランシュ(中谷美紀)に翻訳してもらう。「必ず戻ってきてください。さもなくば死にます」エレーヌへの愛と少女への想いに悩みながらも、エルヴェは三たび日本へ向かった。しかし、少女のいた村は襲撃されて焼け野原になっていた。購入した蚕卵も帰途で孵化して全滅し、失意のままエルヴェの旅は終わった。そんな彼を迎え入れるエレーヌ。再起したエルヴェのもとに、日本語で書かれた手紙が舞い込む。そこには、「私のことは忘れてください」とあった。エルヴェたちの幸福な日々は、エレーヌの死によってピリオドを打たれた。マダム・ブランシュを訪ねたエルヴェは、手紙は彼女が書いたものであることを確認する。それは、エレーヌの仕掛けた悲しい狂言だったのだ。そのときエルヴェは、いかに彼女がかけがえのない存在であったか悟るのであった。 【キネマ旬報データベースより】
原題 SILK
製作年 2007年
製作国 カナダ=伊=日本
配給 アスミック・エース
ヘッド館 日劇PLEX他
上映時間 109
公開日 2008年1月19日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する