「カンフーくん」(2007)

画像

【DVD発売中】

24点24
愛らしい姿からは想像もつかない巧みな武術を見せる少年、カンフーくんが日本に上陸!生身のアクション+CG映像で魅せるキッズ・カンフー映画だ。オーディションで選ばれた8歳のチャン・チュワンが主演を務めるほか、泉ピン子が中華料理店で働く太極拳の達人に扮するのも見逃せない。監督は『笑う大天使<ミカエル>』の小田一生が務める。

あらすじ

中国・少林寺にある武術学校。そこでは、天才少年カンフーくん(チャン・チュワン)が日々厳しい修行を積んでいた。大人相手に戦い続け、「南ピン拳」免許皆伝まであと一歩。だが、“最後の敵”は日本にいると告げた師匠は、カンフーくんを秘技で空の彼方に吹き飛ばしてしまう。“本当の敵が誰なのかは、腕に付けた鈴の音が教えてくれる”という言葉とともに。カンフーくんが着いた場所は東京の下町。太極拳の達人・泉ちゃん(泉ピン子)と孫娘レイコ(藤本七海)に出会ったカンフーくんは、泉ちゃんが経営する中華料理屋「ニュー幸楽」に住むことに。そして、レイコの弟として通った小学校ではクラスの人気者になる。そんなある日、レイコの通う学校に、日本の支配を企もうとする集団「黒文部省」から謎めいた黒女教師(佐田真由美)、風神(桜塚やっくん)、雷神(金剛地武志)、龍神(武田真治)たちが送り込まれてくる。彼らは子供たち全員をダメ人間にするために、校長(笹野高史)と共にゲームソフトを使って洗脳を企む。だが、ただ一人洗脳を逃れたレイコが「黒文部省」のボス・黒文部大臣(西村雅彦)によって連れ去られてしまう。レイコの危機を知って学校に向かうカンフーくん。その行く手を強敵たちが遮る。泉ちゃんとさゆりにも助けられ、カンフーくんがようやく黒文部大臣の下に辿り着いたとき、 腕に付けた「封印の鈴」が鳴っる。ついに“最後の敵”が現れたのだ。果たして、カンフーくんはレイコを助けることができるのか!? そして“最後の敵”を倒し、「南ピン拳」の免許皆伝を得ることができるのか!? 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 角川映画
ヘッド館 シネカノン有楽町2丁目、新宿ガーデンシネマ他
上映時間 98
公開日 2008年3月29日(土)公開
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する