「ミッドナイトイーグル」(2007)

画像

【DVD発売中】

51点51
米軍のステルス型戦略爆撃機、通称ミッドナイト・イーグルが北アルプス山中で姿を消した。搭載されていた特殊爆弾がもしも爆発したら、日本国民は未曾有の危機に陥ることになる……。さまざまな形でこの史上最悪の事件にかかわった人々のドラマを壮大なスケールで描くエンタテインメント大作。雪山での大迫力のアクション・シーンも見どころだ。

あらすじ

かつて報道カメラマンとして世界を駆け回った西崎優二(大沢たかお)は、ある戦場で幼い生命を救うことができなかった自分自身の不甲斐なさに深く絶望を感じた。病身の妻にも先立たれた彼は、写真週刊誌の記者である姪の慶子(竹内結子)にひとり息子を託して、山の中で星空に向けてシャッターを切り続ける日々を過ごしていた。そんなある日、異様な物体を撮影する。その正体は、米軍の戦略爆撃機『ミッドナイト イーグル』だった。北アルプスで『ミッドナイト イーグル』が消息を絶ったという極秘情報は、内閣総理大臣・渡良瀬(藤竜也)のもとにも届いた。核爆弾を搭載している同機の行方は、日本政府にとっても極めて重要な問題だった。西崎は、山岳部の後輩で新聞記者の落合(玉木宏)と共に、北アルプスの落下地点へと向かう。しかし、そこにはすでに工作員たちの姿があり、調査に向かった自衛隊員と西崎たちに銃を放ってくる。自衛隊員は、佐伯(吉田栄作)の他は全滅した。落合から送られてきた写真を分析する慶子もまた、事件の渦の中に巻き込まれていった。一方、佐伯から『ミッドナイト イーグル』の情報を入手した西崎と落合は、工作員たちの攻撃を交わして同機の墜落地点に到達する。すでに核爆弾の時限装置は作動していたが、慶子が入手したパスワードでその爆破を防ぐことができた。しかし、なおも工作員たちが核爆弾を狙って襲いかかってくる。激しい吹雪のために、援助する自衛隊のヘリ部隊も現地への着陸が不可能だった。日本を、いや愛する自分の息子の命を救うためには、自分たちが犠牲になるしかないと悟る西崎。そして彼は、ナパーム弾の投下を渡良瀬総理に依頼する。息子と慶子に最後の別れを告げた西崎らは、ナパーム弾の炎に包まれた。その尊い犠牲によって、日本のみならず東アジアの平和は守られたのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 松竹
ヘッド館 丸の内ピカデリー1他
上映時間 131
公開日 2007年11月23日(金)公開
カテゴリ サスペンス/ミステリー
チケット 前売りチケットを購入する