「一万年、後....。」(2007)

画像

40点40
『YYK論争永遠の“誤解“』など寡作ながら高い評価を受け続けている沖島勲監督、8年ぶりの新作。突然、1万年後の日本に送り込まれた男と一家の交流が、濃密な密室空間の中で展開していく。阿藤快が意外にも映画初主演を飾り、主役の一万年後に来た男を熱演。次に何が飛び出すかわからない展開の連続に魅了される作品に仕上がっている。

あらすじ

時は一万年後。とある民家に突如、電光とともに一人の男(阿藤快)が現れる。だが、民家に住む少年、正一(田村勇馬)や妹の淳子(遠藤恵里奈)は、自分たちの叔父だと名乗るその怪しい男の登場にも動じない。それどころか、ほとんど気にかけることもなく、それも日常だと言わんばかりに受け入れてしまう。一万年後の世界に突然送り込まれたことで事情が飲み込めない男は、少年・正一との会話によって、いかにこの世界が変わり果てたかを理解していく。正一の家に飾ってあったコケシを手にしてみれば、それはすでに“コケシ”という呼び名ではなくなっており、日本の国もとっくに消滅。アメリカに至っては、もはや海上の一握りの砂と化し、窓外には人喰い怪物が行き交う。だが、電波や音波が飛び交い、時間の進行に異常をきたした“一万年後”の部屋は次第に、単に世界が変わったとは言い切れない複雑な様相を呈し始め、男の存在を揺るがしてゆく……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 YYKプロダクション
ヘッド館 ポレポレ東中野にてレイトショー公開
上映時間 77
公開日 2007年9月8日(土)公開
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する