「舞姫〈1989年〉」(1989)

【DVD発売中】

50点50
森鴎外の原作を篠田正浩監督が郷ひろみを主演に迎え、ドイツ・ロケを中心に映像化。明治18年、国費留学生としてドイツに渡った太田豊太郎は、ある日、悲しみに沈む少女エリスと出会う。二人はやがて愛し合うようになるが、苛酷な運命が待ちうけていた。流麗なカメラワークが美しく、「ラストエンペラー」で知られるコン・スーの音楽が限りなく切ない。

あらすじ

太田豊太郎は東大医学部を卒業して3年後の明治19年(1885)、天皇の命を受け日本の将来を任うべく国費留学生としてドイツへ渡った。ベルリンで豊太郎はコッホ教授に師事するかたわらドイツでの生活を楽しんでいたが、ベルリン駐在武官・副島和三郎の監視は厳しかった。ある日、豊太郎は散歩の途中で、少女エリスと出会い、恋におちた。貧しくて父の葬式も出せないエリスに豊太郎は懐中時計を渡し、質屋で金に替えるよう勧めた。エリスはビクトリア座で踊る美しいプリマドンナだった。二人の交際を認めたくない副島は豊太郎をミュンヘンへ飛ばそうとするが、彼は免官して民間人となり、ベルリンへ残った。貧しくも楽しいエリスと彼女の母、そして豊太郎の三人の共同生活が始まった。豊太郎は新聞記事を書く仕事が認められるようになった。そんな時、天方伯爵のお伴としてベルリンにやって来た旧友・相沢と再会。豊太郎の免官が原因で母・清子が自殺未遂したことを知らされ、また伯爵の片腕となり日本へ帰国するようにと勧められた。悩んだ豊太郎は雪の中をさまよい、急性肺炎で倒れてしまう。その間、エリスは豊太郎の子供を流産してしまい、相沢によって慰謝料が支払われていた。豊太郎はエリスとの別れと共に帰国を決意したのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1989年
製作国 日本
配給 テレビ朝日=ヘラルド・エース=西独マンフレッド・ドルニオークプロ
上映時間 123
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する