「包帯クラブ」(2007)

画像

【DVD発売中】

73点73
『永遠の仔』の天童荒太のベストセラー小説がついに映画化。人が心に傷を負った場所に包帯を巻く「包帯クラブ」の活動を通じて、生きることに臆病な高校生たちが助けあいながら自分と向きあっていく。今までのイメージをブチ破るハイテンション青年を演じた柳楽優弥と、久々の映画出演となる石原さとみの主演で贈る。監督は『トリック』の堤幸彦。

あらすじ

高校3年生のワラ(石原さとみ)は、地方都市の団地に母と弟の三人で暮らしていた。近所のスーパーマーケットでアルバイトしながら家計を助けるワラには、卒業後は地元で就職するという選択肢しかない。同じような家庭の事情を抱える全国の同世代のように。そんなワラは家事の最中に誤って手首を切ってしまい、病院で治療しを受ける。その後、病院の屋上に立った彼女は、フェンスから街を見下ろす。そこに現れたのは、入院患者のディノ(柳楽優弥)だった。ワラを自殺志願者と勘違いしたディノは、ワラの手首に巻かれた包帯を手に取って、フェンスに結びつける。風にたなびく包帯を見るワラは、心の傷までもが癒される気がした。ワラは、ディノをはじめ親友のタンシオ(貫地谷しおり)やギモ(田中圭)を巻き込んで、「包帯クラブ」を結成する。その活動とは、インターネットのサイトを通じて、口にはできない「心の傷」を募集。その思い出の場所に「包帯クラブ」のメンバーが包帯を巻いて手当てして、その写真を無償で投稿者に送るというものだった。それからは、街のあちこちで白い包帯がたなびくようになっていった。サッカーの試合のゴールで失敗した少年には、包帯を巻いたゴールポストの写真。美容院で髪型より顔を変えろと言われた女性には、美容院の前で包帯巻きにされて泣いているタンシオの写真。投稿がくるたびに、メンバーたちは知恵を絞る。しかし、他人の傷に触れることで、メンバーたちの心の奥の傷も痛むようになっていった。評判になっていくと同時に、「包帯クラブ」の活動は波紋を巻き起こし、批判にも晒されるようになる。その活動は偽善だと攻撃されて、サイトは閉じられ活動も休止状態となる。そして、「包帯クラブ」を最も必要としていたのは、自分たちだったことを知る。それぞれのトラウマから開放されたワラたちは、未来に向かって歩んでいくことを心に誓う。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 東映
ヘッド館 丸の内TOE(1)他
上映時間 118
公開日 2007年9月15日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する