「マイティ・ハート/愛と絆」(2007)

画像

【DVD発売中】

64点64
'02年、パキスタンを取材中、テロリストにより誘拐・殺害された記者ダニエル・パール氏の妻の手記を映画化。子を身ごもりながら、夫を誘拐されるという衝撃的な事件に立ち向ったダニエル氏の妻マリアンヌをアンジェリーナ・ジョリーが演じる。監督は『ウェルカム・トゥ・サラエボ』など社会派作品にも定評のあるマイケル・ウィンターボトム。

あらすじ

<9.11>の翌日、ダニエル(ダン・ファターマン)とその妻マリアンヌ(アンジェリーナ・ジョリー)は、パキスタンに到着した。二人はジャーナリスト同士であり、ウォール・ストリート・ジャーナルの特派記者であるダニエルは、アルカイダと関わりある人物との接触を試みようとしていた。この取材を終えた後は、妊娠5ヶ月の妻とともに帰国する予定だった。しかし、予定の時刻を過ぎてもダニエルは戻らなかった。行方不明となった真相を探るため、アメリカ領事館の外交保安担当者をはじめ、パキスタンのテロ対策組織のリーダー、ウォール・ストリート・ジャーナルの上司、そしてFBI捜査官などが次々にマリアンヌのもとへ集まってきた。やがて、現地の新聞にはダニエルをスパイ扱いする記事が掲載され、拘束された写真がメールで送られてくる。記者を装ったCIAのスパイとして誘拐され、人質となっていたのだ。犯人側は身柄の引き渡しと交換にジェット機を要求してきた。夫のスパイ容疑をはらすために、テレビ出演するマリアンヌは訴える。「私は6日間、眠っていませんが、まだ希望はあります。彼を愛しています」次第に、ダニエルの足取りが解明されていく。浮かび上がってきたのは、パキスタンのテロ組織だった。ダニエルはテロリストによって誘拐され、「価値の高い人質」とされてしまったのだ。不安と焦燥の中でも、気丈に振る舞うマリアンヌ。しかし、FBIによる必死の捜索の甲斐もなく、ダニエルが処刑される模様を撮影したビデオが届く。世界で最も愛する夫を失ったマリアンヌは慟哭する。翌日、その事実を報告するためもういちどテレビ出演するマリアンヌ。それは、自身もフランスのラジオ局で記者をつとめていた彼女の矜持だった。やがて、ひとりで出産を終えた彼女は、生まれた息子にアダムと名付ける。それは、生前のダニエルと決めていた名前だった。 【キネマ旬報データベースより】
原題 A MIGHTY HEART
製作年 2007年
製作国
配給 UIP
ヘッド館 TOHOシネマズ六本木ヒルズ他
上映時間 108
公開日 2007年11月23日(金)公開
カテゴリ 社会派ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する