「県警強行殺人班 鬼哭の戦場」(2007)

画像

【DVD発売中】

0点--
『仁義なき戦い』『極道の妻たち』など、数多くの仁侠映画を手掛けた高田宏治の脚本による硬派な人間ドラマ。戦後の混乱期に暗躍する男たちの物語が熱く語られる。渡辺謙を父に持つ新進俳優の渡辺大が初主演を務め、ハードな立ち回りを見せる。

あらすじ

1945年、広島。戦後の混乱覚めやらぬ中、闇市のショバ代をはじめとする様々な利権を巡り、幾多の組がシノギを削る激戦区。だれもが腹を空かせ飢えをしのごうと、バイタリティに溢れ必死に生きていた。満州からの復員兵・梶原大介(渡辺大)は、母と妹の遺骨を抱き、故郷・広島へと辿り着く。闇市では、その場を仕切る村山組を無視し、ショバ代を無理矢理奪おうとする新興の青狼会と岡野組の若いチンピラたちが暴れていた。彼らとのケンカを引き起こした大介は、闇市に張り込んでいた広島署に捕まる。そこで大介は、型破りな警察官の迫田(松方弘樹)と謎の女・かすみ(宮本真希)に出会うの……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 ジャパン・アート
上映時間 83
公開日 2007年7月21日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する