「大空のサムライ」(1976)

【DVD発売中】

0点--
太平洋戦争で戦闘機乗りとして活躍、戦後その経験を書いてベストセラーになった坂井三郎の原作による空中戦映画。ラバウルでの米空軍との消耗戦のなか、坂井軍曹は自分自身と配下の列機の損傷を少しでも食い止めるべく、慎重かつ勇敢に戦い続ける。戦争映画というより、坂井三郎の人間的魅力が光る。

あらすじ

坂井三郎一飛曹の所属する台南航空ゼロ戦隊は、太平洋戦争開戦から四カ月後、南太平洋のラバウルへ進出した。坂井はすぐれた視力で、常に敵より先に相手を発見し、ゼロ戦得意の格闘戦に巻き込み確実に敵機を撃堕した。着任したばかりの笹井中尉が第三中隊長として初出撃し、危くスピットファイヤーに撃堕されるところを坂井に救われた。以来、笹井は坂井から実戦の厳しさと空戦の技を教えられ、名指揮官となっていった。敵の爆撃は日増しに激しくなったある日、半田飛曹長が強行偵察に出撃したが、列機の太田二飛曹を失った。同じ戦地で看護婦として働く太田の姉・幸子は、坂井についていれば安全だ、と言っていた弟を思い出して泣いた。滝一飛曹を機長とする一式陸攻が、不時着して捕虜になったことを軍令部から追求されたため、自爆しようと出撃した。坂井、笹井らが追って護衛し、無事帰還したが、逃れようもない自分たちの運命に進んで殉じようとしたのか、翌朝、再び発って帰って来なかった。やがて、坂井、笹井の名コンビは、敵機を撃墜しつづけていったそんなある日、B17との戦闘中、野村機のミスで中川機が敵の銃弾を浴びて墜落した。戦友を死なせて責任を感じた野村は、B29に体当り、一挙に二機を墜落させた。司令部はこの戦果に喜んだが、戦果に目が眩んで下士官搭乗員の命を忘れている参謀に坂井は怒りに燃えた。ガダルカナルに押し寄せた敵を爆撃に出た坂井は、途中、複座SBOドーントレス爆撃機の八機編隊に出くわし、攻撃された。重傷を負ってやっと水平飛行を保っている坂井を睡魔が襲う。スコールに突入して視界ゼロの雨中突破行。やがて、スコールを抜けるとラバウルの遠景があった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1976年
製作国 日本
配給 東宝映画
チケット 前売りチケットを購入する