「ラッシュアワー3」(2007)

画像

【DVD発売中】

59点59
ジャッキー・チェン演じるスゴ腕刑事リーとクリス・タッカー演じるお調子者の刑事カーターのコンビが今度はパリを舞台に大暴れ!毎度御馴染みのジャッキー・アクションとタッカーのマシンガン・トークに加え、悪役として真田広之が登場。監督は、シリーズ全ての演出を担当しているブレット・ラトナー。

あらすじ

リー(ジャッキー・チェン)はハン大使(チー・マ)の警護についていた。ハン大使が中国マフィアの“シャイシェン”の存在を突き止めたと発言した瞬間、暗殺者の放った銃弾により倒れる。暗殺者の姿を確認したリーは追跡を開始。リーは暗殺者を追い込むが、彼は旧知の仲のケンジ(真田広之)だった。そこへ無線でこの銃撃戦を聞きつけたカーター(クリス・タッカー)が暴走する車で駆け付けたため、ケンジに逃げられてしまう。大使の娘のソー・ヤング(チャン・チンチュー)も狙われていることを知ったリーとカーターが病院へ戻ると、暗殺者たちが襲撃してくる。一人の暗殺者を取り押さえて尋問するが、何故か中国人でありながらフランス語しか話さない。やっとのことで謎を解く鍵となるジュヌビエーブという人物の名前を聞き出した二人は、パリへと向かう。ジュヌビエーブを追い求める二人にマフィアが襲いかかる。二人はタクシーで市内を派手なカーチェイスを繰り広げながら逃げる。そこで再会したケンジから、リーとケンジが兄弟同然に育ったことをカーターは知らされる。リーはカーターに、ケンジと一緒に孤児院で育った仲であること、自分は11歳のときに警官である育ての父の養子になり、一方ケンジはストリートで暮らすうちにマフィアの一員になったことを話す。リーとカーターはそれぞれ、ムーランルージュで踊るジュヌエーブのもとへと向かった。舞台上の彼女をマフィアが殺そうとしていることを知った二人は、お得意のダンスと歌で、ジュヌエーブをステージから救出。彼女から“シャイシェン”が中国マフィア界を取り仕切るリーダー13人の名前が掲載されたリストであることと、その隠し場所を知らされる。その頃、ケンジは人質としてソー・ヤングの身柄を確保していた。リーとカーターの二人は、ソー・ヤングと“シャイシェン”を守り抜くことができるのだろうか…。 【キネマ旬報データベースより】
原題 RUSH HOUR 3
製作年 2007年
製作国
配給 東宝東和
ヘッド館 有楽座他
上映時間 100
公開日 2007年8月25日(土)公開
カテゴリ アクション
チケット 前売りチケットを購入する