「プラトニック・セックス」(2001)

【DVD発売中】

48点48
日本のみならず台湾、韓国でもベストセラーを記録したタレント、飯島愛の同名自叙伝を映画化。衝撃的な人生を歩むヒロイン役を、体当たりで精一杯演じ切る新人女優、加賀美早紀に注目だ。

あらすじ

17歳の誕生日、あおいは自殺を図った。友達に輪姦され、妊娠・堕胎、家族にも見放されたのだ。だがその時、携帯電話に送信された一本の間違いメールが彼女に自殺を思い留まらせた。さてその後、戻る場所のないあおいは、スカウトマン・金井の紹介でキャバクラで働くことになった。源氏名は愛。たちまちにしてナンバー2の座まで登り詰めた彼女は、しかしお金の為にその日暮らしを繰り返し、やがて借金地獄に堕ちていく。そして、借金を返済する為に契約したAV出演。だがそれは、彼女の心に虚しさを募らせた。そんな彼女の心の支えとなっていたのは、間違いメールの相手・トシとの交換メール。ある日、クラブのDJを目指しているトシと運命的な出会いを果たしたあおいは、彼と同棲を始める。彼との生活の中で、本気で人を愛することを知るあおい。トシもまた、あおいといることで、いじめが原因で自殺した妹・愛への気持ちが癒されていった。ところが、あおいのAV出演がトシにバレたのをきっかけに、ふたりの心は次第にすれ違いを見せ始める。しかし、暫く距離を置くことで、互いがかけがえのない存在であったことに気づいたふたりは、やり直すことを決意するのだが……あおいがトシに再会したのは霊安室だった。トシは、道に飛び出した子供を助けようとして、トラックに轢かれたのだ。深い喪失感に襲われるあおいは、しかしそれをふっきるように歩き出す。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2001年
製作国 日本
配給 東宝=電通=フジテレビ=プラトニック・セックス製作委員会=ワタナベエンターテインメント=小学館
上映時間 104
公開日 2001年10月20日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する