「怪談〈2007年〉」(2007)

画像

【DVD発売中】

64点64
天才落語家・三遊亭円朝の最高傑作と言われる「真景累ヶ淵」を、物語の誕生から150年あまりの時を経て映画化。美しく心優しい煙草売りと、艶やかな姿と凛とした心を持った年上の三味線の師匠との陶酔と戦慄の愛憎劇を、古典ならではの日本の美と斬新な映像の融合で描く。『リング』名チーム、中田秀夫監督&一瀬隆重プロデューサーが仕掛ける新たな恐怖に震撼!

あらすじ

江戸、深川。優しい心を持った美貌の男、煙草売りの新吉(尾上菊之助)は、母子ほど年の違う三味線の師匠、豊志賀(黒木瞳)への想いを募らせ、ついに二人は男女の一線を越えてしまう。夏になる頃には、豊志賀は新吉に惚れ込むあまり嫉妬深くなり、稽古にも身が入らない有様だった。彼女の妹、お園(木村多江)は姉を心配して新吉と縁を切るように頼むが、豊志賀は耳を貸さない。そんな中、豊志賀は三味線の撥で自分の顔を傷つけてしまった。傷は醜く腫れ上がり、豊志賀の形相はすっかり変わってしまう。彼女を必死に看病する新吉だったが、隅田川の花火の夜、偶然に豊志賀の弟子のお久(井上真央)と行き会い、彼女と一緒に江戸を出ようと心に決める。ちょうどその頃、豊志賀は「このあと女房を持てば必ずやとり殺すからそう思え」と書き残して息絶えた。新吉とお久は共に江戸を出るが、夜道でお久は半狂乱になってしまう。新吉はお久の顔が豊志賀に見えたため、恐怖のあまり草刈鎌を振り回し、お久を殺してしまう。行き倒れを発見された新吉は、お久の叔父の三蔵(津川雅彦)が主人の下総屋にかつぎこまれる。やがて新吉は、三蔵から、娘のお累(麻生久美子)の婿になって欲しいと頼まれる。だが縁談を断る新吉の目の前で、お累は囲炉裏の火で顔に火傷を負ってしまう。そんな彼女を見捨てることができず、新吉はお累と祝言をあげた。しかし赤ん坊が生まれてから、新吉は家に寄り付かなくなる。そして、お久殺しの真相を知っているという三蔵の妾のお賤(瀬戸朝香)に脅される。やがて揉み合いの中でお賤は三蔵を殺してしまった。新吉は下総屋の旦那になるが、酩酊した中でお累を絞め殺し、逃亡する中でお賤も死亡。すべてを失い瀕死状態となった新吉は、薄れゆく意識の中、累ヶ淵の濃い霧に包まれて豊志賀の霊と抱き合うのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 ザナドゥー=松竹
ヘッド館 丸の内ピカデリー2他
上映時間 119
公開日 2007年8月4日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する