「アコークロー」(2007)

画像

【DVD発売中】

46点46
岸本司監督をはじめとするスタッフから脇役の俳優たちまで、そのほとんどを沖縄出身者で固めて製作された異例のご当地映画。“アコークロー“と呼ばれる夕暮れ時に出没するといわれる魔物“キジムナー“の伝説をベースに、東京から沖縄に移り住んだ女性を襲う惨劇が描かれる。主演は、モデル出身の人気俳優、田丸麻紀と忍成修吾のふたり。

あらすじ

東京。姉(清水美砂)のおさな児をベビーカーに乗せ、面倒を見ながら歩いていた鈴木美咲(田丸麻紀)は、携帯電話に気を取られた瞬間、交通事故に巻き込まれてしまう。犠牲になったのは彼女ではなく、赤ん坊のほうだった。眼前に広がる海。美咲は、沖縄に移り住んだ恋人・村松浩市(忍成修吾)の元を訪れる。山道を歩いていた美咲は、ふと木に吊り下げられた袋へ目を留める。途中知り合った渡嘉敷仁成(尚玄)と彼の息子・仁太は、中に猫の屍骸が入っていると説明するが、美咲は奇妙な風習に驚きながらも、愛する浩市の出迎えを喜び、すぐさま袋のことを忘れてしまうのだった。仁成の漁師仲間・喜屋武秀人(結城貴史)と、「おばあ」と呼ばれる彼の祖母(吉田妙子)も加わった歓迎会。「おばあ」は話のついでに美咲が見かけた袋、そして魔物キジムナーについて語り始める。美咲も興味深げに地元伝説について聞き入っていた。やがて東京を離れて浩市との田舎暮らしを始めた美咲は、仁成の紹介で若き女流作家・比屋定影美(エリカ)に会い、魔物の恐ろしい側面について教えを乞う。南国での平穏な日々。しかし、仁成の前妻・松田早苗(菜葉菜)が現れてから波風が立ち始める。彼女は仁太に続く第二子を流産、それが原因で精神不安定となっていた。仁成は息子に近づく早苗を嫌悪し、二度と目の前に現れるなと叱責する。だが、心を病んだ早苗に、その怒りが伝わっているのかさえ明らかではない。夜。山道をさまよっていた早苗は木に吊るされた袋を見つけ、それを手に取る。瞬間、樹上から何かが這い降りて来て彼女に襲い掛かる……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 彩プロ
ヘッド館 シアターN渋谷他
上映時間 97
公開日 2007年6月16日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する