「しゃべれども しゃべれども」(2007)

画像

【DVD発売中】

67点67
97年度「本の雑誌」ベスト10第一位に輝く佐藤多佳子の青春小説を、『愛を乞うひと』『OUT』などの名匠・平山秀幸が映画化。TOKIOの国分太一が、単独初主演にして落語にも初挑戦! 優柔不断に見えて、実は腕がなかなか上がらないことを悩む古典が大好きな落語家を等身大の魅力で熱演している。共演は香里奈、八千草薫、伊東四朗など。

あらすじ

古典を愛する二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)は、思うように腕が上がらず、煮え切らない日々を送っていた。そんなある時、落語を通じて話し方を習いたいと、三人の変わり者が彼のもとに集まってくる。無愛想で口下手な美人、十河五月(香里奈)。勝気なためにクラスに馴染めない大阪から引っ越してきた少年、村林優(森永悠希)。毒舌でいかつい面相の元プロ野球選手、湯河原太一(松重豊)。この三人のために、祖母の春子(八千草薫)と二人で暮らす自宅で教室を開いた三つ葉だが、彼らは集まるごとに言い争い、落語も中々覚えない。苛立つ三つ葉に追い打ちをかけるように、密かに想いを寄せていた春子の茶道の生徒であり村林の叔母である郁子(占部房子)が、来年結婚することを知らされてしまう。落ち込む三つ葉だったが、尊敬する師匠・今昔亭小三文(伊東四朗)の落語を寄席で聞いて、改めて自分には落語しかないことを実感する。そして小三文から一門会の開催を聞いた三つ葉は、師匠の十八番「火焔太鼓」に挑戦することを決める。一方、十河と村林も「まんじゅうこわい」を猛練習。いよいよ一門会の日、二日酔いで舞台に臨んだ三つ葉だったが、見事な「火焔太鼓」を披露。そして十河と村林も、発表会で「まんじゅうこわい」を堂々と演じ切り、同席した湯河原共々、自分の殻を打ち破るのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2007年
製作国 日本
配給 アスミック・エース
ヘッド館 シネスイッチ銀座他
上映時間 109
公開日 2007年5月26日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する