「仁義と抗争」(1977)

0点--
「沖縄やくざ戦争」「北陸代理戦争」に続くローカルヤクザものの第3作。大阪の巨大ヤクザ組織が、東京進出の拠点とした北関東の温泉街を舞台に、地元のヤクザ、関東の尖兵隊、そして大阪の巨大組織が三つ巴の抗争を展開する。アクションの醍醐味と、息づまるストーリー展開が特長のヤクザ映画。

あらすじ

「厄病神のばば伝」と異名をもつ、殺し屋海野伝吉は、大阪でホルモン焼屋を営む女房・節子のもとへ時々顔を出す程度で、大半は住所不定の流れ者だ。ばば伝は、大阪森口組幹部から、杉山組組長暗殺の依頼を受け、その準備にかかる。その間に警察の仲裁で対立中の両組は和解してしまう。しかし、和解の連絡がばば伝に届いたのは、杉山組組長を暗殺したあとだった。皆は、ばば伝の拳銃の腕もさることながら、彼の不思議な縁起(雇う者も狙われるものも必ず早死する)を恐れていた。杉山組二代目を継いだ関川勝也は、報復せず、逆にばば伝を雇った。実は、ばば伝を関東進出のための拠点、飯倉温泉へ鉄砲玉として送り込み、起爆材にしようとしていたのだ。飯倉温泉では、地元やくざの小笹組と山房組がしのぎを削っていたが、最近になって関東の新兵やくざの進出で、小ぜり合いがたえなかった。小笹組に押され気味の山房組組長・金野はこのばば伝にすぐ目をつけ、早速接近してきた。金野の狙いは、小笹組組長の笹本ではなく、彼の娘婿・形原銀三を始末することだった。だが、ケチな金野が銭を出し渋ったことから、この話が笹本に漏れ、関西やくざの進出を恐れた笹本は、戦争回避の方向へ動いた。今や両方から煙たがられる存在となったばば伝を、彼の身を案じてたずねて来た節子がなぐさめた。そして、ばば伝は小笹組のシマ内に杉山組支部の看板をあげた。翌日、銀三がばば伝の前に現われ、一触即発の二人の間に節子が入りその場はことなきをえた。そんなある日、金野が関東やくざの指向けた殺し屋によって射殺された。山房組の跡目がいないため、一時このシマをばば伝があづかることになった。数日後、関川が数人の若頭を連れて、飯倉入りし、ばば伝に次の仕事の地、新潟入りを命じるのだが、ばば伝はこの話を断った。「俺はこの地に骨を埋めたい」というばば伝を笹本が味方し、関川対笹本・ばば伝連合といったおかしな形勢に変化していった。笹本は自分のぼんくら息子・義一に関川殺しを命じるが失敗し、義一を助けに行った銀三までもがなぶり殺しにあった。このことを知ったばば伝は、笹本に飯倉の温泉を元どおりにすることと銀三の仇討ちを約束し、単身関川のところへ向うのであった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1977年
製作国 日本
配給 東映=東映京都
チケット 前売りチケットを購入する