「仲間たち」(1964)

【DVD発売中】

0点--
東北の田舎から出てきた光弘は、バスの車掌、節子と知り合う。運転手の仕事が不安定なことを知った彼は自分のトラックを持ちたいと思い、今まで以上に働いてお金を貯めるがある日事故を起こし、苦しい入院生活に入る。だが、やけを起こしかけた彼を節子と、同郷の友人が温かく包みこむのだった。さわやかな雰囲気が漂う青春もの。

あらすじ

バスの車掌節子がトラックの運転手光弘と知りあったのは彼のトラックがエンコしたことからだった。東北の田舎から出て来た光弘は、どうしても節子が忘れられなかった。だがある日節子が中年の客にからまれているのを助けたことから若い二人は或る愛情を持つようになった。その晩光弘は節子を同村出身の親友和吉の餃子屋に案内した。和吉は前から節子を知っていて、秘かに思いを寄せていた。だが友達思いの和吉は二人の仲のよさを見てとるとなにもいわずにいるのだった。二人の楽しいデートが続いた。運転手の職が不安定なことを知った光弘は自分のトラックを持ちたいと思い今迄以上に働いた。彼の貯金はぐんぐん増したが疲労は激しかった。丁度その頃、節子の兄繁一と同僚の冴子は婚約していたが、冴子が妊娠したことからバス会社と問題が起り、その金策のことで、節子は光弘と気まずい空気が流れていた。そして光弘は、気負ってやった仕事が失敗し、貯金の半分ちかく弁償しなければならなくなった。がっかりする光弘に、和吉が中古のいいトラックがあることを知らせた。光弘はまた仕事に没頭した。が、ハンドルを切りそこね商店に突こんだ光弘は、苦しい病院生活に入った。そして将来に絶望し節子のなぐさめにも耳をかそうとしなかった。やけになって病院をぬけ出した光弘は、彼をみつけにきた節子と和吉の温い思いやりにあい、胸がいっぱいになった。光弘は黙って病院に戻って行くのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1964年
製作国 日本
配給 日活
チケット 前売りチケットを購入する