「松ヶ根乱射事件」(2006)

画像

【DVD発売中】

64点64
『リンダ リンダ リンダ』などの天才・山下敦弘監督が、20代最後に選んだ題材は、田舎を舞台にした残酷さと奇妙なユーモアが混ざり合う人間ドラマ。田舎町・松ヶ根に住む双子の兄弟の葛藤と、謎のカップルが訪れたことがきっかけで人間関係が壊れていく様を描き出す。空虚な感覚の中にサスペンス要素を織り交ぜた山下監督の特異な個性が光る。

あらすじ

90年代初頭の田舎町・松ヶ根。警察官として働く鈴木光太郎(新井浩文)には双子の兄・光(山中崇)がいる。母親と姉は畜産業を営み、父・豊道(三浦友和)は家出中だ。ある日の早朝のこと、雪の降り積もった田舎道で女の死体が発見される。光太郎は検死に立ち会うが女は仮死状態であることが判明し、翌朝ベッドの上で意識を取り戻した。女の名はみゆきといい、どうやら当て逃げされたらしい。駅で刑事と別れたみゆきは、安宿で西岡(木村祐一)という男と落ち合い、氷の張った湖へと向かった。二人はアイスピックとジッポオイルを使って氷に穴を開けようとするが、うまくいかない。一方、光太郎の家では豊道が近所の理容室の娘を妊娠させていたことが発覚し、騒動になっていた。やがて町の食堂で光がみゆきたちに出くわす。実は当て逃げの犯人は光だった。西岡は光を脅迫し、湖の氷掘りを手伝わせる。氷の下からは金の延べ棒と生首が見つかった。やがて光太郎が当て逃げ事件の真相と湖の死体のことに気づき、光を警察に連れて行こうとするが、光はそれを拒んで、西岡たちのところへ向かった。そしていつしか光太郎の家にも松ヶ根にも平穏な日々が戻ってくる。松ヶ根の町に銃声が響いたのはまさにそんな時だった……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 ビターズ・エンド
ヘッド館 テアトル新宿他
上映時間 112
公開日 2007年2月24日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する