「渋谷区円山町」(2006)

画像

【DVD発売中】

59点59
ドラマ化もされた『彼女が死んじゃった。』『サプリ』などで人気の漫画家、おかざき真理の原作を初映画化。ラブホテルがひしめく円山町を中心とした渋谷界隈を舞台に、3人の女子高生たちのリアルな日常を描く。先生に恋心を抱く少女に、ドラマや映画出演が続く榮倉奈々。教え子に翻弄される教師役に、映画初出演となるEXILEの眞木大輔が扮する。

あらすじ

由紀江(榮倉奈々)は、明るい仲間に囲まれた普通の女子高生。カレシはいるけど、キス以上に進むのはまだちょっと踏み切れないでいる。そんな彼女のクラスに、若い臨時教師・山本<通称・ヤマケン>(眞木大輔)が赴任してきた。ある日、友達と渋谷に遊びに来た由紀江は、ちょっとした興味からラブホテル街・円山町を探索することに。そこで、ヤマケンが女性といる現場を目撃してしまう。翌日からなぜかヤマケンのことが頭から離れなくなってしまった由紀江は、その想いを振り切るように彼にかわいいイヤがらせを始める。しかし、ダサいと思っていたヤマケンに徐々に惹かれていく由紀江。ちょっとしたヤマケンのしぐさにもドキドキしてしまう。これはもしかして恋? 気持ちを止められなくなった彼女はカレシに別れを告げ、ヤマケンに「ラブホに連れていってよ」と半ば強引に一緒に行くことを約束させるが…。糸井(仲里依紗)は高校の吹奏楽部でフルートを吹いている時間が一番好きな女の子。学校では瀬田たち3人といつも一緒にいるけれど、実のところは彼女たちから陰湿なイジメを受けていた。自分がイジメにあっていることを認めてしまうと崩れてしまいそうで、いつも必死に明るく振舞っている糸井。学校の中で誰とも群れずにいつも一人でいる有吉(原裕美子)は、そんな糸井が気になって仕方がない。ある日、有吉はそんな糸井に気づかって「一緒に渋谷に行こう」と誘い出す。糸井にとっては初めての渋谷。あまりの人の多さに不安を感じた糸井は、有吉とそっと手をつないで歩き始める。ショッピングや喫茶店に立ち寄るなど楽しむ二人は、気づくと円山町のホテル街にたどり着いていた。今まできたことのない不思議な街に糸井ははしゃぎ、有吉はなんだか照れくさくなってしまう…。生徒とセンセイの由紀江とヤマケン。同級生の糸井と有吉。それぞれが、一緒に円山町に足を踏み入れたことで、何かが変わり、やがてお互いが今までにないかけがえのない存在へと変わっていく……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 デックスエンタテインメント
ヘッド館 Q-AXシネマ他
上映時間 110
公開日 2007年3月17日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する