「山本慈昭 望郷の鐘 満蒙開拓団の落日」(2014)

画像

75点75
実在の人物で“中国残留孤児の父“と呼ばれた山本慈昭の半生を綴った和田登の著書『望郷の鐘』を映画化。中国残留日本人孤児の肉親捜しに尽力し、200人を超える孤児と肉親との再会を実現させた山本の姿を描く。監督は『大地の詩−留岡幸助物語−』の山田火砂子。内藤剛志が山本を、『筆子その愛−天使のピアノ−』の渡辺梓がその妻を演じる。

あらすじ

国民学校の教師をしていた山本慈昭は、一年との約束で敗戦間近に満州へ渡るが、ロシア兵に捕まりシベリアへと連行されてしまう。奇跡的に帰国することができたものの、妻子は亡くなっていた。中国を訪れてから一年余りが過ぎた頃、日本人孤児から手紙が届く。
製作年 2014年
製作国 日本
配給 現代ぷろだくしょん
ヘッド館 シネマート新宿
上映時間 102
公開日 2015年1月17日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する