「刺青〈しせい〉/堕ちた女郎蜘蛛」(2006)

画像

【DVD発売中】

30点30
文豪・谷崎潤一郎の名編「刺青」の4度目の映画化に、『MOON CHILD』の異才・瀬々敬久が挑んだ野心作。女郎蜘蛛の刺青を入れることで過去を洗い流そうとするヒロインを体当たりで演じたのは『東京攻略』の川島令美。刺青によって人生の別の側面を見つめることになる青年を、テレビドラマ「東京湾景」などの和田聰宏が演じている。共演は光石研、嶋田久作、松重豊。

あらすじ

二人の出会いは、出会い系サイトだった。妻子と別居し、自己啓発セミナーの勧誘をしている男、二ノ宮(和田聡宏)。やっと仕事にありつき、必死に今を生きようとしている。出会い系サイトのサクラをしている女、アサミ(川島令美)。不倫に破れ、自暴自棄になっているアサミは、二ノ宮から携帯メールで送られてきた蝶の写真に魅せられ、サクラは相手とは外で会ってはならないという規則を破り、彼と会うことにした。喫茶店で熱心に勧誘する二ノ宮に続いて、セミナーの主宰者・奥島(松重豊)が現れる。落ち着いた口調ながら、有無を言わせぬ凄みにアサミは飲み込まれ、その日のうちに奥島に抱かれてしまう。奥島はアサミを自分の女にすべく、自らの背中の不動明王と同じく、彼女にも刺青を入れようとしていた。翌日、二ノ宮はアサミを連れ、刺青師・彫光(嶋田久作)の家に向かった。麻酔をかがされ、裸にされるアサミ。その白い肌に除々に女郎蜘蛛の刺青の輪郭が描かれてゆく。目が覚めて背中の下絵に驚愕するアサミだったが、その凶暴さの中にある神々しい品格にいつしか魅せられ、もうひとりの自分へ変身を決意するのだった。アサミの肌に墨が入る。苦痛の表情から恍惚の微笑へ。アサミの身体に今までにない、壮絶な美しさが宿る。一方、一生に一度出会えるかという彼女の肌に魅せられた彫光も、一心不乱に針を入れつづける。いよいよ明日で刺青も完成するという前日の夜。アサミは不倫相手の神崎(光石研)を街で見かけ、見せつけるように二ノ宮と唇を重ねる。二ノ宮はアサミを求めるが、あっさりと拒まれる。気まずい二ノ宮をホテルに誘ったアサミは、嫌がる二ノ宮に鮮やかな女郎蜘蛛の刺青を見せる。アサミは以前とは別人のように、強く、美しくなっていく。そんな彼女の変化についていけない二ノ宮。アサミは神崎とホテルで抱き合うが、彼はその刺青を見たとたん、驚き、土下座して、一目散に逃げて行った。まるで、女神のように神々しくなって行くアサミは、サクラで騙していた男たちをホテルに呼び、過去を贖罪するかのように、自らの身体を与えていくのだった……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 アートポート
ヘッド館 ユーロスペース
上映時間 96
公開日 2007年1月13日(土)公開
映倫 R15+
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する