「NANA2」(2006)

画像

【DVD発売中】

50点50
昨年大ヒットした矢沢あいの人気コミックの映画化の待望の続編。 “ハチ“こと小松奈々が前作の宮崎あおいから『ラフ』の市川由衣に、ナナの恋人レンが松田龍平からNHK「わかば」の姜暢雄に、シンが松山ケンイチから『テニスの王子様』の本郷奏多に変わってイメージ一新。ハチの妊娠など前作以上に濃密なドラマに魅せられる。スコットランド・ロケも話題。

あらすじ

木崎ナナ(中島美嘉)と、ハチこと小松奈々(市川由衣)はひょんなことから友達になり、同居を始める。まるで違う夢を抱きながらも、同い年で同じ名前であることから友情を深めあう二人。失恋したハチを慰めるために、ナナはバンド仲間である“TRAPNEST”のタクミ(玉山鉄二)を紹介する。憧れのミュージシャンと知り合ったことで喜ぶハチは、ナナのバンド“BLACK STONES”のノブ(成宮寛貴)から思いを寄せられていることにも気がつかなかった。ある日、職場でミスを犯したハチは、そのままクビになってしまう。暗い気持ちで帰宅する途中、偶然にもタクミと再会したハチは、誘われるままに一夜を共にしてしまう。タクミとの関係に喜びながらも、ナナに対しては後ろめたくて、そのことを口にはできなかった。一方、ナナの“BLACK STONES”は大手音楽事務所から声が掛り、メジャーデビューが決まる。夢に一歩ずつ近づいていること実感するナナは、恋人であるレン(姜暢雄)と過ごす時間も削って、バントの練習に熱中する。そんなある日、ハチとタクミの関係を知ったナナは衝撃を受ける。ノブのハチへの思いを知っていたナナは、あらためてバンドメンバーの力も借りて二人を接近させる。包み込むようなノブの愛を知ったハチは、タクミとの関係に終止符を打つ決意を固める。しかし、ハチの妊娠が発覚。さあに、メジャーデビューを寸前にしながら、ナナとレンの関係がマスコミにスクープされてしまう。スキャンダラスな報道に晒されるナナ。それでも夢を諦めることのないナナは、新宿駅前でのデビューライブを敢行する。一心に歌い続けるナナの姿を、ハチもまた歩道から見つめていた。「ねぇ、ナナ。夢がかなうことと幸せになることは、どうして別ものなんだろう?」それぞれの夢に向かって歩んできたナナとハチ。二人の関係は新たなステージを迎えるのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 東宝=「NANA2」製作委員会
ヘッド館 日劇2他
上映時間 130
公開日 2006年12月9日(土)公開
カテゴリ 青春ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する