「ふりむいた花嫁」(1961)

100点100
古いのれんを誇る“どじょう隅田“の主人・三田亀太郎は妻に先立たれ、子供二人とやもめ暮らし。娘の春江は、下町っ娘らしい働き者で帳場を切りまわしているが、息子の新一はTVタレントを夢見ている……。伴淳三郎の人柄のよくでた下町喜劇。

あらすじ

古いのれんを誇る「どじょうの隅田」の主人三田亀太郎は、妻に先だたれてやもめ暮し、新一、春江という二人の子供がある。春江の方はいかにも下町娘らしい働き者で、帳場を預ってテキパキと采配を振っているが、長男新一の方は、テレビ・タレントになるのが念願で店を継ぐ気などサラサラない。亀太郎にとって唯一の慰めはバー「ジャンヌ」で、マダムの蓮子の顔をみながら一杯のむことだった。だが、蓮子には福原商事の社長福原康之助がうるさくつきまとっているので気が気でない。ある日、春江はひょんなことから一人の青年と知り合った。中島和男といい、福原商事の社員だった。二人の仲は急速に親密の度を加え、お互いに愛を誓う仲になってしまった。一方、新一の方は、同じタレント仲間のキリ子と意気投合、だが、このキリ子がマダム蓮子の姪で、「ジャンヌ」の手伝いをしているところから、親爺亀太郎の老いらくの恋を知っていた。春江は和男との結婚を許して貰おうと親爺亀太郎に頼みこんだが、和男が憎い福原商事の社員であるということが亀太郎にとっては我慢ができない。春江は家出を決行、新一のアパートに身を隠してしまった。あわてた亀太郎は、早速、福原商事へ乗り込んで社長の康之助や和男を詰問するが、さっぱり要領を得ない。がっかりして帰宅してみるとそこに蓮子が待っていた。「実は結婚問題のことでお伺いしたんですが……」と蓮子に言われて、テッキリ自分と彼女の結婚問題だとカン違いした亀太郎は、柄にもなくテレてしまって、ソワソワと落着かないが、よく聞いてみればなんのことはない。春江と和男の結婚の話。しかし、蓮子に頼まれてみればむげに断ることも出来ない。結婚式の当日−−仲人の福原社長の音頭でお祝いの祝杯を上げる親戚知己。その中に、今日一日だけの仮夫婦になった亀太郎と蓮子の仲睦じい姿が見られた。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1961年
製作国 日本
配給 松竹大船
上映時間 89
チケット 前売りチケットを購入する