「武士の一分〈いちぶん〉」(2006)

画像

【DVD発売中】

67点67
『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続く、山田洋次監督による藤沢周平原作の時代劇三部作の最終編。木村拓哉が、盲目の剣士・三村新之丞に扮し、“視覚“に頼らない凄まじい殺陣を繰り広げているのがスゴい。妻・加世を元宝塚歌劇団のトップスター・檀れい、新之丞が復讐を誓う宿敵・島田藤弥を歌舞伎役者の坂東三津五郎が演じているのも話題だ。

あらすじ

三村新之丞は最愛の妻・加世とつつましく暮らす海坂藩の下級武士。だが、新之丞の平和な日々は、藩主の毒見役を務めて失明した日から暗転する。さらに、言葉巧みに言い寄る上士、島田藤弥が仕掛けた罠に加世が落ちて・・・。
製作年 2006年
製作国 日本
配給 松竹
ヘッド館 丸の内ピカデリー2
上映時間 121
公開日 2006年12月1日(金)公開
カテゴリ 仁侠/時代劇
チケット 前売りチケットを購入する