「悲しき天使」(2006)

画像

【DVD発売中】

81点81
父親を殺して消えた娘を捕らえるため、女刑事が大分県に飛ぶ。そんな刑事ドラマの形をとりながら、事件関係者の人生の紆余曲折を描いた人間味溢れる1本。高岡早紀、山本未来、河合美智子が体現する3者3様の女たちの生き様に注目を。

あらすじ

多摩川河川敷で、松下泰造という男の死体が発見される。犯人は泰造の二人の子供、和夫と那美(山本未來)だ。和夫はすぐに身柄を拘束されるが、那美の行方はようとして知れなかった。事件を捜査する刑事・河野薫(高岡早紀)は、同僚や上司の反対を押し切り、那美のかつての恋人・関川慎二のいる大分県別府へ向かう。張り込み期限は6日間しかない。薫と、ベテラン刑事・沖島啓介(岸部一徳)は、関川が経営する旅館の向かいで、来るかどうかも分からない那美を待ち受ける張り込みを開始する。関川には妻・敦子(河合美智子)と息子がいる。その幸せそうな様子を見るうちに、薫の心は揺れる。この幸せの光景に、殺人犯である那美が過去を甦らせたとしたら……。それはまた薫に、すれ違いの多い自分の恋人との関係も思い起こさせた。張り込みを続けるうちに、関川の苦い過去が明らかになる。かつてサッカー選手を目指していた関川の未来を、泰造が奪ったのだった。那美との再会は、関川を更に苦しめるものではないのか。薫と沖島は、那美がやって来るのをじりじりと待ち続ける。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 ツインズジャパン
ヘッド館 シネマアートン下北沢
上映時間 113
公開日 2006年10月28日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する