「キャッチボール屋」(2005)

画像

【DVD発売中】

44点44
名バイプレイヤーとして日本映画に欠かせない大森南朋の初主演作。10分100円でお客とキャッチボールを始めた男が空白の過去と向き合う。手掛けたのは、北野武らの助監督を務めてきた実力派で、これが監督デビューとなる大崎章。

あらすじ

会社をリストラされたタカシ(大森南朋)は、田舎に帰ってきた。そこで片思いをしていた恭子が東京で結婚したという話を聞き、タカシは酒の勢いも手伝って東京行きの最終電車に飛び乗る。タカシが目覚めるとそこは都会の公園。…と、突然紳士(庵野秀明)から声をかけられる。紳士はこの公園でキャッチボールの相手をする、キャッチボール屋をしているのだ。キャッチボール屋は「ちょっと代わって頂けませんか?」と、言い残しどこかへ行ってしまう。売店のおばちゃんが紳士からタカシに預かったと手渡された封筒の中には、とあるマンションへの地図と鍵がひとつ。そこにたどり着いたタカシは「…常連の方もいますので工事まで続けていただければ幸いです」とある置手紙を見つける。毎日公園でキャッチボール屋を続けるタカシ。出会うのは、昔の恋が忘れられないOL(キタキマユ)、甲子園に未練がある男たち(寺島進・松重豊)、息子との思い出に心残りがある男(光石研)、仕事を変えたい借金取り(水橋研二)。次第に明らかになる彼らの過去。それぞれに迷い立ち止まっている現在。彼らとのゆるりとした毎日の中、タカシたちそれぞれの気持ちもだんだん動き始めて……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 ビターズ・エンド=「キャッチボール屋」製作委員会
ヘッド館 新宿K's cinema
上映時間 105
公開日 2006年10月21日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する