「アタゴオルは猫の森」(2006)

画像

【DVD発売中】

43点43
連載開始以来30年間もロングセラーを記録している、ますむらひろしのコミックを3D-CGアニメで長編映画化。猫と人間が共存する“アタゴオル“で巻き起こるドラマを描く。デジタル・フロンティアによる高い完成度の映像にも注目。

あらすじ

アタゴオルの祭りの日、トラブルメイカー、ヒデヨシ(声:山寺宏一)が、とんでもないことを仕出かした! 封印された箱を見つけ、周囲の心配も無視して、開けてしまったのだ。中から現れたのは、植物の女王ピレア(夏木マリ)。続いて植物王・輝彦宮(かがやきひこのみや/小桜エツ子)も現れる。王はピレアを封印できる唯一の存在だが、誰かを父親として立派に成長しなければならない。輝彦宮は、よりによってヒデヨシを父にしてしまう…。ヒデヨシは、輝彦宮を勝手に”ヒデコ”と改名。一方、ピレアはすべての生物を植物に変えようとしたため、住人たちの体から芽が生え始める。それを阻止しようとピレアの城へ向かうヒデヨシとヒデコ一行は、飛行船から豊かだった森がピレアに枯らされ、荒野になっているいのを見て呆然とする。さらにピレアはヒデヨシの生霊も手に入れるべく、花粉弾を放って彼らを枯れ木に変えてしまう。ヒデヨシの生霊はなんとか自力で戻ったが、ピレアのアタゴオル征服を止められるのは、もはやヒデコだけだった。しかしピレアを封印すれば、対であるヒデコも一緒に消えてしまうのだ。ヒデヨシを振り払い、ヒデコはピレアのもとへ向かうのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 角川ヘラルド映画=デジアタル・フロンティア
ヘッド館 恵比寿ガーデンシネマ、新宿武蔵野館、シネ・リーブル池袋ほか全国公開
上映時間 81
公開日 2006年10月14日(土)公開
カテゴリ ファンタジー
チケット 前売りチケットを購入する