「叫〈さけび〉」(2006)

画像

【DVD発売中】

57点57
ミイラがモチーフの『LOFT/ロフト』で観る者を震撼させた鬼才・黒沢清の最新作。今回は“幽霊話“の構造の中で、誰もが無意識のうちに犯している罪や見捨てようとしている過去が、恐怖となって襲いかかってくる未曾有のサスペンス・スリラーだ。主演は、黒沢監督と同年で、これが7本目のコラボとなる役所広司。葉月里緒奈が赤い服の幽霊を怪演しているのも見逃せない。

あらすじ

東京湾岸地帯で“赤い服”を着た女の殺人死体が発見され、捜査に当たる事になったベテラン刑事・吉岡(役所広司)は同僚の宮路(伊原剛志)とともに犯人を追いはじめた。同様の手口による殺人事件が相次ぎ、連続殺人事件として捜査が進められる中、吉岡はそれぞれの事件被害者の周辺に“自分の痕跡”を見つけ、「自分が犯人ではないか…」という思いに苛まれ始める。自分の身の潔白を自分自身に示す為に単独行動をはじめ、発端である最初の事件現場を訪れる吉岡。その目の前に突然、赤い服の女の幽霊が現れた。怨めしく彼を見つめる女の幽霊(葉月里緒菜)。いくら記憶を探っても吉岡には恨みを受けるような覚えがなかったが、幽霊はその後も断続的に出現しては吉岡をおびやかす。引き続き繰り返される同一手口による殺人事件。やがて捜査は進展し、最初の殺人の犯人である男が逮捕される。しかしこの男は他の殺人には関係が無かった。次々と逮捕される一連の事件の犯人たち。彼らには相互に関連は認められない。同一手口の殺人が互いに無関係に犯されたというこの偶然。しかし彼らの内の数人が、吉岡に向かって「全部なしにしようと思った」という言葉をそれぞれに口にする。殺人捜査をそっちのけで彼らの共通点を探る吉岡。同僚の宮路は心配と疑惑を織り交ぜつつもそんな吉岡の身辺を探りはじめる。やがて吉岡は犯人たちの共通点に行き当たった。彼らは皆、今は運行停止になった湾岸フェリーの利用者だったのだ。そして吉岡自身もまた、かつてそのフェリーの利用者だった。作業船に乗ってフェリーの運行ルートを探索する吉岡。開発の進んだ湾岸一帯の片隅に取り残された様に立っている廃墟を発見し、彼の記憶が不意に蘇る。かつてその建物の一つの窓辺に、赤い服を着た女の姿があったはずだ…。今は廃墟になっているその建物に侵入し、女が居たとおぼしき部屋を探し当てた吉岡。そこには壁に焼き付いた女の影と、白骨があった。女はここで死んだのだった、誰にも顧みられる事も無く。女の幽霊は再び吉岡の目の前に現れ、「あなただけ許します」と言って消え失せた。幽霊の呪縛から解かれたかに思われた吉岡だが……。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 ザナドゥー=エイベックス・エンタテインメント=ファントム・フィルム
ヘッド館 シネセゾン渋谷他
上映時間 104
公開日 2007年2月24日(土)公開
カテゴリ ホラー
チケット 前売りチケットを購入する