「天使の卵」(2005)

画像

【DVD発売中】

51点51
『鉄人28号』の冨樫森監督が、村山由佳のベストセラーを映画化。19歳の青年が体験する短くも永遠になった愛を描き出す。映画にドラマに主演作が続く市原隼人が主人公の青年役を繊細に演じきり、今までにない魅力をみせてくれる。

あらすじ

高校教師をしている斉藤夏姫(沢尻エリカ)は、高校時代の同級生で元彼氏の一本槍歩太(市原隼人)と偶然再会する。絵描き志望の歩太は念願の美大に入学したが、今は学校にも行かずバイトに明け暮れる毎日らしい。歩太が絵に情熱を失った理由を夏姫は知っていた・・・。4年前。夏姫と歩太は付き合っていた。しかし歩太は、ある日満員電車で出会った美しい女性が忘れられなくなる。記憶を頼りにその女性の絵を描き始める歩太。数日後、父親が入院している精神病院で、歩太は白衣を着たその女性に再会した。今回父親の主治医になったという五堂春妃(小西真奈美)だった。更に驚いたことに、春妃は夏姫の実の姉だったのだ。やがて歩太の一途な想いは姉の春妃へと向かっていく。しかし、歩太の気持ちを知った春妃には、二人が恋人関係になるなどかなわぬ夢に思われた。春妃は夫の自殺のショックから立ち直っていなかったのだ。だが、それを知らない歩太の情熱は高まるばかりだった。やがて春妃は、歩太の父を退院させた。家族と一緒に住んだ方がいいという判断だった。しかし、その数日後歩太の父は自殺をしてしまう。夫の自殺、そして歩太の父の自殺。春妃は強い罪の意識を抱くようになり、仕事を休んで家に引き篭もってしまった。そんな春妃を勇気付けようとする歩太。そのいじらしいまでの一途さに揺れる春妃の心。そして二人はついに愛し合うようになった。それを知った夏姫は大きなショックを受けるが、歩太の気持ちは変わらなかった。念願の美大にも合格し、歩太は生身の春妃をモデルに絵を描き始める。そんなある日、悲劇は起こった。不意の発作に襲われた春妃が死んでしまったのだ。そのお腹には子供もいた。悲嘆にくれる歩太は生きる気力を失い、夏姫との間も疎遠になっていった・・・そして現在。夏姫の必死の説得により、歩太は再び春妃の絵を描き始める決心をした。キャンバスに、まるで天使のような春妃の美しい姿が描かれていく。そして完成したその絵は、夏姫と歩太の間を再び繋いでくれたのだった。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2005年
製作国 日本
配給 松竹=衛星劇場=S・D・P=スカパー・ウェルシンク=ソニー・ミュージックエンタテインメント=テレビ朝日=ビーワイルド=集英社
ヘッド館 東劇・池袋シネマサンシャイン他公開
上映時間 114
公開日 2006年10月21日(土)公開
カテゴリ ラブ・ストーリー
チケット 前売りチケットを購入する