「らくごえいが」(2013)

画像

55点55
短編3編で構成されたオムニバス形式のコメディ作品。古典落語の名作として落語好きにはよく知られる『ねずみ』『死神』『猿後家』を、舞台を現代に置き換えた形で映像化。各編の冒頭には落語家の桂三四郎がナビゲーターとして登場。最後には立川志らくや三遊亭小遊三ら落語家のコメントも収録する構成で落語の魅力がつまった作品に仕上がっている。

あらすじ

古典落語『猿後家』の映画化となる作品の撮影現場。残るはラストシーンのみとなり、スタッフの準備は万端。ところが主役の俳優が待てど暮らせどやってこない。ついにシビれを切らしたプロデューサーは、監督にある無理な申し出をする(『猿後家はつらいよ』)
製作年 2013年
製作国 日本
配給 アールグレイフィルム
ヘッド館 シネマート新宿
上映時間 110
公開日 2013年4月6日(土)公開
カテゴリ 人間ドラマ
チケット 前売りチケットを購入する