「海の情事に賭けろ」(1960)

0点--
赤木圭一郎が二役を演じる、アクション映画。房州に出かけた大学生、栗谷剛一は、自分と瓜二つのヤクザ者、加東勇二と間違われ、ピストルで負傷する。東京へ戻った剛一は、真相を突きとめようと、勇二のいた水野組の根城に乗り込んだ。やがて、剛一は、勇二が双生児の兄弟だと知るが……。

あらすじ

夏を海で過すため、牧蘭子は友人と房州の別荘に行った。彼女は東西貿易社長牧浩太郎の娘で、友人グループの花形だった。ある日、ヨットで海に出かけた蘭子はピストルで負傷した栗谷剛一という青年に会った。彼は新聞記者志望の大学生で、故郷から東京に戻る途中、何者かに襲われたという。治療のため別荘にとどまった。剛一には恋人の杏子がいるのを知りながら彼に惹かれた蘭子は積極的に近づき関係した。数日後、新聞に殺人事件の被害者の写真として剛一の写真がのった。名前は新宿の水野組幹部加東勇二となっていた。人違いをした犯人は剛一が死んだと思っているのだ。事件を追求しようと東京に向った。剛一は杏子の兄で毎朝新聞社会部記者殿村に協力を頼み、その夜、水野組の根城でキャバレー“サブリナ”に勇二になりすまして乗りこんだ。驚いた水野は剛一を殺そうとしたが、勇二の情婦百合子が彼は違うと危機を救った。彼女は勇二と剛一が双生児と推察し、剛一は母に真相を聞くため故郷に帰った。母せつは二人は双生児だといい、勇二の居場所を教えた。水野は剛一を襲った殺し屋村川に百合子を脅迫させ、勇二の居所を聞きだそうとしたが、彼女はいわなかった。が、水野は百合子のアパートから勇二が銚子の山奥で樵人をしているのを知った。村川は勇二を襲ったが、逆に勇二に撃たれた。その時、勇二を探しに剛一も銚子にやって来て勇二会った。勇二は水野の密輸事件に関係し、足を洗おうとしていた。しかし、水野がこれに反対し彼を消そうとしたのだ。勇二は自分の孤児同然の身の上を思い、剛一を憎んだ。別れ際、勇二は水野の黒幕が牧浩太郎だといった。剛一は蘭子を訪ねた。裏の納屋で密輸ダイヤを発見した。真相を知った殿村に、剛一は逮捕前に牧に自首をすすめた。が、牧はピストルを抜いた。そこへ蘭子が飛び出し、父の弾丸に当たって死んだ。殿村はスクープに成功、剛一と杏子は喜びあった。が、彼の心には蘭子の面影が苦い思い出として残った。 【キネマ旬報データベースより】
製作年 1960年
製作国 日本
配給 日活
上映時間 83
チケット 前売りチケットを購入する