「男はソレを我慢できない」(2006)

画像

【DVD発売中】

31点31
世界最長の人気シリーズとして全49作が製作された「男はつらいよ」をアレンジした、現代版「寅さん」と呼ぶべき人情コメディ。竹中直人扮する“シモキタの寅さん“ことDJタイガーと、下北沢の住人たちが織り成す凸凹騒動を描く。

あらすじ

全国をドサまわりしていたというDJタイガー(竹中直人)が放浪の末、下北沢の実家に帰ってきた。こうして、DJタイガーのこれといってすることもないその日暮らしの生活が始まった。女に惚れっぽいDJタイガーは、幼なじみのマドンナ、さつきちゃん(鈴木京香)が離婚して下北沢に戻り、和風喫茶「大山茶苑」を切り盛りしていることを知って、彼女の店に入り浸る。そんなある日、下北沢に巨大ソープランドが建設されるという大問題が発生。さつきに「下北沢を守ってください!」と懇願されたDJタイガーは「このDJタイガー、シモキタを悪の手から救ってみせます!」と宣言する。しかしDJタイガーは「ソープランド建設説明会」なるものに出向き、まんまと“体験入浴会”にはまり込み骨抜き状態に。その舞台裏では、ソープランド建設を推進する社長・金閣寺大造(斉木しげる)が、ソープ嬢をはべらせながら息巻いていた。「本当に人間の男というものはバカですなあ。男の精力を吸い取ることで、我々天狗の神通力が巨大になるとも知らずに…!」下北沢を根城にして天狗の巨大な陰謀が蠢いていたのである。果たしてDJタイガーの運命は? シモキタの街はどうなる? 【キネマ旬報データベースより】
製作年 2006年
製作国 日本
配給 キネティック=レントラックジャパン=ナインエンタテインメント=イエローキャブ=エキサイト=コンテムポラリー・プロダクション=トイズファクトリー=貝川智広
ヘッド館 渋谷シネ・アミューズ他、全国順次公開
上映時間 93
公開日 2006年7月29日(土)公開
映倫 PG12
カテゴリ コメディ
チケット 前売りチケットを購入する